仕事

『Make: Electronics第2版』で電子工作のことがちょっとわかった

電子工作の基礎を独習したい人向けの本、『Make: Electronics』が第2版になりました。わたしはこの本の編集をお手伝いしています。 本書は「発見による学習(Learning by Discovery)」というプロセスを通じて学ぶ、新しい世代のためのエレクトロニクス入門…

税務署へ行かない確定申告

今年の確定申告が終わった。終わったはず。書類そのものは例年通り会計ソフトと、いつもの「国税庁 確定申告書等作成コーナー」で作った。 確定申告書等作成コーナー(https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl) 今年からは、作成したデータを…

「Mini MakerCon Tokyo 2019」レポート

去年の11月2日に「Mini MakerCon Tokyo 2019」が開催された。 Mini MakerCon Tokyo 2019 | Make: Japan(https://makezine.jp/event/mct2019/) これについて書いたレポート記事が公開されたのでお知らせ。 Make: Japan | Mini MakerCon Tokyo 2019クロージ…

Maker Faire Tokyo 2019はほどよい規模感だった

Maker Faire Tokyo 2019 | Make: Japan(https://makezine.jp/event/mft2019/) Maker Faire Tokyoはその前身のMake: Tokyo Meetingの時代から毎年規模を拡大してきたが、今年の会場は初めて前回より狭くなった。東京オリンピックの影響だそうだ。出展者は前…

遊舎工房でミニキーボードの展覧会が開催中

Make: Japan | 5月26日(日)まで「遊舎工房」に個性豊かなミニキーボードが大集合。「meishi展」フォトレポート(https://makezine.jp/blog/2019/05/meishiten.html) 5月26日(日)まで「遊舎工房」に個性豊かなミニキーボードが大集合。「meishi展」フォ…

Make.jp:「オムロンのセンサーがラズパイとArduinoに対応」

Make: Japan | オムロンの絶対圧センサ、感震センサ、人感センサの評価ボードが、Arduino、Raspberry Piに接続可能に。その狙いを聞く(https://makezine.jp/blog/2019/03/omron.html) 書きました。Make.jpに掲載されたのは2日前。ここ数年間は過去日記ばか…

自作キーボードほどわかりやすい沼はない

年末に書いた記事が公開された。 Make: Japan | キーボードを愛し、キーボードを自分で作り出す人々「天下一キーボードわいわい会 Vol.1」(https://makezine.jp/blog/2019/01/tenkaichi_keybord_waiwaikai.html) 自作キーボードの世界をひと通り理解できる…

「はてなブログライタースプリッタ」をGitHubに登録

「はてなブログライター」は便利に使わせてもらっている。元となった「はてなダイアリーライター(はてダラ)」には「はてダラスプリッタ」という補助スクリプトがあって、1つのテキストファイルから各エントリのテキストファイルを分割出力してくれる。これ…

エクスナレッジが近藤誠の本を出したと知ってショック

まだ、こんな書物が出版されるのか… pic.twitter.com/ybEMXbHgo4— SATO, Ryo (@beerlove_ryo) 2018年12月10日 画像を見て、今でも近藤誠の本を出すところがあるのかと思った。近藤誠は「がんは治療するな」とか「ワクチン接種は不要」といった、標準医療を否…

Maker Faire Tokyo 2018は自作キーボードがすごかった

Maker Faire Tokyo 2018 | Make: Japan(https://makezine.jp/event/mft2018/) Maker Faire Tokyoの会場は毎年広くなっていって、2018年は西の1ホールと2ホールだった。 自作キーボード関連のブースは大にぎわい 2018年は自作キーボードが急に話題になった…

2018年1月のお仕事:日本の民間宇宙開発ベンチャーとRuby biz Grand prixレポート

2018年1月は記事を2本書いた。 夢の宇宙は、もうただの夢ではなくなりつつある! 日本でも活況な「宇宙開発ベンチャー」5社それぞれのチャレンジ - GeekOut(https://geek-out.jp/column/entry/2018/01/04/110000) Rubyを用いたビジネス事例、今年の大賞は …

Maker Faire Tokyo 2017となるともう1日では回りきれないのでは

今年もMaker Faire Tokyoが開催された。ビッグサイトの東7/8ホールという、最近できた新しいホールを使う。会場は年ごとに広くなり、1日で回りきるのはそろそろかなり厳しくなってきたと思う。会場で見かけたもののツイートから。 8月5日 15:44:46 誰得!? …

GitHubとRe:VIEWで作る本

エンジニアのためのAI入門 (Think IT Books)作者: Think IT 編集部出版社/メーカー: インプレス発売日: 2017/07/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るインプレス発行の『エンジニアのためのAI入門』の見本が届いた。この本…

『クラスタを自宅で学ぼう!Lifekeeper for Linux超入門』が出ました

クラスタを自宅で学ぼう!LifeKeeper for Linux超入門作者: 小野澤基文/インターノウス株式会社発売日: 2017/05/15メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るLifeKeeperは多重化したサーバを監視し、一方が落ちたらもう一方に切り替えたりするソ…

青色申告用のソフトを新しく買う

MacBook Air(Mid 2011/MC965J/A)をEl Capitanにしたのは去年の9月。 そのときの記事:Mac App Storeで「入手」したことがないOS Xをクリーンインストールした方法(d:id:Imamura:20160922:elcapitan) 年が明けて確定申告のことを考え始め、Macに青色申告…

3Dモデルのパースをベクターデータとして保存する方法

仕事でパソコンの絵を含む説明図を作ることになった。説明図はIllustratorで作るのがよい。無償で使えるベクター形式のクリップアート集でパソコンを検索してみたが、これというものがなかなか見つからない。結局自分でモデリングした。これをパースがついた…

Maker Faire Tokyo 2016はますます広くなって大変だった

Maker Faire Tokyo 2016 | Make: Japan(http://makezine.jp/event/mft2016/) 2016年のMaker Faire Tokyoは、東京ビッグサイトの西2ホールとアトリウムで開催された。2014年にビッグサイトへ移ってきてから会場は毎年広くなってきている。ホールは空調がほ…

なぜ誤字をまとめるのか

この記事の続き。 街を歩くのが恐ろしくなる本『街角図鑑』(d:id:Imamura:20160614:machikado) 『街角図鑑』を読んでいて見つけた明らかな誤字はg:errataにまとめた。編著者や編集者にもTwitterから知らせた。 街角図鑑 - 勝手に正誤表!(http://errata.g…

Re:VIEWで電子書籍とInDesign向けXMLを作るぞ

Wordで書かれた原稿をInDesignでDTPして、同時にリフロー型の電子書籍にもしたいという案件が来た。「Re:VIEW」というテキスト変換ツールがある。決められた記法で書かれたテキストファイルをEPUB形式の電子書籍やMarkdown、HTML、InDesign向けXML(IDGXML)…

『物を作って生きるには』見本出来

物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)作者: John Baichtal,野中モモ出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2015/12/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (12件) を見るインタビュー記事を2…

オートデスクが事例紹介やワークショップのミニイベントを開催中

そういう記事をMake:ブログに書きました。 Make: Japan | 「Autodesk Gallery Pop-up Tokyo」は11月8日まで開催。オープンソースの光造形3Dプリンタ「Ember」の実機も展示(http://makezine.jp/blog/2015/10/autodesk-gallery-pop-up-tokyo.html) 公式サイ…

Maker Faire Tokyo 2015は文化的成熟があったかも

Maker Faire Tokyo 2015 | Make: Japan(http://makezine.jp/event/mft2015/) 前回のMaker Faire Tokyoは11月末だったから、今回は約9か月とけっこうなペースでの開催になった。前回に続いて今回も、注目の出展者やイベントを紹介する記事を書いた。全部で4…

『Amazing Science』見本が届く

Amazing Science ―驚きのエンターテインメントサイエンス工作25 (Make:PROJECTS)作者:Stephen Voltz,Fritz Grobe出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2015/05/23メディア: 大型本編集をお手伝いした『Amazing Science』(オライリー・ジャパン)の見…

Maker Faire Tokyo 2014で図らずも表面実装に初挑戦

Maker Faire Tokyo 2014 | Maker Faire Tokyo 2014 | Make: Japan(https://makezine.jp/event/mft2014/) 11月23日と24日にMaker Faire Tokyo 2014(ハッシュタグ#mft2014)が開催された。 前回:Maker Faire Tokyo 2013に行ってきた(d:id:Imamura:2013110…

「地球脱出はどれだけ現実的? 『インターステラー』の科学を宇宙ライターが検証!」掲載されました

【レポート】地球脱出はどれだけ現実的? 『インターステラー』の科学を宇宙ライターが検証!(http://news.mynavi.jp/articles/2014/11/10/interstellar/) 映画の記事として、ちょっとひねったものをということで依頼があり書きました。といっても映画の公開…

『3D Printing Handbook』見本出来

ISBN:978-4-87311-632-7:detail O'Reilly Japan - 3D Printing Handbook(http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116327/) 「デジタルとフィジカルを結んで自己表現を行うためのツールとして3Dプリンターを考える本」というふれこみの本が明日発売されます…

『Mad Science2』見本出来

Mad Science 2 ―もっと怪しい炎と劇薬と爆音の科学実験 (Make: PROJECTS)作者:Theodore Gray発売日: 2014/03/25メディア: 大型本セオドア・グレイさんのマッドサイエンスシリーズ第2弾。今回も編集をお手伝いしました。相変わらず光ったり燃えたり爆発したり…

『日の丸ロケット進化論』レビュー執筆

【レビュー】BOOK REVIEW - 大型の超精密ペーパークラフトも、「日の丸ロケット進化論」 | マイナビニュース(http://news.mynavi.jp/articles/2014/03/18/hinomaru_rocket/) 「はやぶさ2」打ち上げをもっと楽しむために 日の丸ロケット進化論 ~分解できる…

『3Dプリンタ デスクトップが工房になる』電子版発売

企画から関わって去年発売されたムック本『3Dプリンタ デスクトップが工房になる』の電子版が発売されました。 Impress Japan: 3Dプリンタ デスクトップが工房になる(http://www.impressjapan.jp/books/1113102011) 3Dプリンタ デスクトップが工房になる作…

去年のふり返りと今年のおみくじ

2014年になった。今年もよろしくお願いします。去年は4月から生活パターンが変わったのと、6月くらいから仕事が忙しくなったのとで後半は息も絶え絶えという状態だった。仕事としてはインプレスの3Dプリンタ本と、イプシロンロケットの写真集が大きかった。3…