「どうぶつの森」は低カタルシスだから時間を取られる

f:id:Imamura:20200325000101j:plain

今日は「あつまれどうぶつの森」でずいぶん長い時間遊んでしまった。このゲームは身の回りのこまごましたことで小さな達成感をちょくちょく得るタイプのゲームである。するとどうなるか。「ふー、きりがいいから今日はここまで」というやめどきが難しくなる。

小さい達成感のおもてなし攻勢は昔遊んだDS版の「おいでよどうぶつの森」からより巧みになっている。できることが多すぎていつも積み残しになるから起動するたび忙しい。

「あつまれ」ではお金のほかに「マイル」というポイントも貯めることができる。最近のゲームでいう「実績」を解除するとマイルがもらえる。貯めたマイルはゲームの進行が楽になる方法と交換できたりする。

実績はすごくたくさんある。全部集めるのは大変な道のりだ。(下の画面のスクロールバーを見ると、ページ全体がいかに長いかがわかる)

f:id:Imamura:20200326134325j:plain

一方、画面上部の「たぬきマイレージ+」には簡単なタスクが用意されている。

f:id:Imamura:20200326134520j:plain

たとえば上の画面の場合、果物を1つ植えるだけで100マイルもらえる。タスクを1つクリアすると次のタスクが補充され、常に5つ示されるようになっている。このしくみがあるために、「さて次はなにをしようかな」と迷うことがない。これができたから次はこれ、とやっているといつの間にかマイルがたまっていく。そして時間も経っていく。

また毎日遊んでもらうために、連続日数のボーナスまで用意されている。このあたりもいかにも最近のゲームらしい。

f:id:Imamura:20200327233032j:plain

どうぶつの森」でできることはたくさんあるがすごいと思うのは、やりたくなければやらなくてもいいタスクしか用意されていないことだ。竜を倒してお姫様を助けるといった最終目標がないから、プレイヤーがこのゲームで消費する時間の長さはすべて自分から進んで提供したものとなる。

以前「自分の責任で死ぬゲーム」という記事を書いた。ゲームの側から強制するのではなく、プレイヤーがリスクのある行動を自ら選べることが面白さにつながるといった話である。

最近よく遊んでいるアナログゲームもそういう傾向が強い。「人生ゲーム」は単なるすごろくで、勝つのも負けるのも運の要素が大きい。一方、よくできたアナログゲームはプレイヤーが自分の行動を選べるようになっている。リスクとリターンを見極めて自分で決めるからうまくいったときの達成感が大きいし、うまくいかなかったときも自分の判断の結果として納得しやすく作られている。そこが面白い。

カルカソンヌJ (Carcassonne J) ボードゲーム

カルカソンヌJ (Carcassonne J) ボードゲーム

  • メディア: おもちゃ&ホビー

カルカソンヌ」はパネルをめくるところは運だが、それをどこに配置するかが戦略となる。

Heckmeck am Bratwurmeck: Für 2 -7 Spieler. Spieldauer: 20 - 30 Minuten

Heckmeck am Bratwurmeck: Für 2 -7 Spieler. Spieldauer: 20 - 30 Minuten

  • 発売日: 2005/03/01
  • メディア: おもちゃ&ホビー

「ヘックメック」はサイコロの1振りめは運だが、出た目のどれを採用するかは自分の判断だ。

どうぶつの森」は何もしなくてもいいのに、ついいろいろやってしまう。そしてやったぶんだけ小さなカタルシスが次々得られる。こういう種類のゲームについては以前も書いたことがある。

この記事では「風のタクト」と「Civilization」を紹介している。どちらも面白いゲームだが「Civilization」は本当に恐ろしく、低カタルシスの連続で時間を無限に吸い取っていく。という話を以前も書いている。最近も「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「おすすめのゲーム教えて」に対して、2つのブックマークコメントが投稿された。

おすすめのゲーム教えて

もし増田が学生さんならCivをおすすめ。歴史の勉強にもなって一石二鳥

2020/03/25 11:32
おすすめのゲーム教えて

絶対に「シヴィライゼーション」をプレイしてはいけない。都市を作って農地を広げ文明を発展させ他国と戦争をするゲームだが、絶対にプレイしてはいけない。あなたはCivの合間の時間に人生を詰め込むようになる。

2020/03/25 11:34

1つめのコメントは悪の道への誘いのようだが、「学生さんなら」というところに理性が見られる。社会人がハマると大変なことになるとわかっているからこう書いたのだろう。もちろん学生さんなら大丈夫ということは全然ないから、遊ぶなら覚悟してほしい。

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI -Switch

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI -Switch

  • 発売日: 2018/12/06
  • メディア: Video Game

どうぶつの森はここまで危険ではないが、わりとそれに近いところにあるゲームだと思う。

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game

あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版

あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版

  • 発売日: 2020/03/19
  • メディア: Software Download

実家のパソコンを新調する

(このブログの「読者」の方へ:昨日登録した記事が「購読中のはてなブログが更新されました」メールに載りませんでした。あわせてどうぞ→「内科へ行ったらすいていた」https://ima.hatenablog.jp/entry/2020/03/23/235959

10年くらい前に買った実家のパソコンがかなりつらいと聞き、新しいのを見つくろってセッティングした。

このとき買ったのは日本HPの「s5350jp/CT」。スペックは上の記事によると「AMD Athlon II X2 215(2.7GHz)、メモリ2GB、HDD250GB、Windows 7 Home(32bit)」だそうだ。

このあとメモリを4GBに増やしたり、Windows 7Windows 10にしたりした。しかし同じシステムを10年間使い続けるとさすがに動作が怪しくなってきた。何をするにも待ち時間が長くて大変だという。HDDをSSDにしてOSをクリーンインストールし直せばまだいけるのではないかという気がするが、新しいマシンにしたいというので探すことにした。

メールとWeb、Officeと年賀状印刷くらいの使い道だから最新機種である必要はない。ショップのWindowsパソコンを新品で買うと、5万円でほどほどの性能というイメージである。一方ヤフオクやメルカリで中古を探すと、1万円台からまあまあのものを買える。ショップの中古パソコンよりずっと安い。そこでこれにした。

買ったモデルのスペックは以下の通り。

マシンが届いたら、家のネットワークにつなぐ前にHDD内をチェック。このマシン特有のなにかが入っていないことを確認してSSDに換装し、Windowsクリーンインストールした。これで万が一、届いたマシンのHDDに怪しいソフトが入っていたとしても大丈夫だろう。

マシンを実家へ持って行って、旧マシンからデータを移した。こちらからモニタを一枚と、キーボードやマウス、無線LANアダプタなども持参した(無線LANルータのポートが余っているのだからネットワークケーブルのほうがよかった)。旧マシンの横に独立して新マシンを置くとモニタの切り替えなどが不要になって作業が早い。またデータの移行は、旧マシンから各ユーザーのフォルダ(C:\Users以下)をまるごとコピーするのが手っ取り早い。Internet Explorerのお気に入りやOutlookの受信メール、アドレス帳などはここに入っているからだ。でも念のため各フォルダ内を確認して、必要そうなものだけをコピーした。

マイクロソフトアカウントを持っていれば、IMEの辞書やキーアサイン、「個人設定」なども同期される。IEやEdgeのお気に入りも同期されるんじゃなかったかな。GoogleアカウントでChromeにログインすればブックマークや拡張機能が同期される。あれがOS全体に及ぶ感じ。

同期される項目の一覧があった。

データの移行が終わったら、Officeをインストールして年賀状ソフトをコピーすれば完了だ。配線をつなぎ替えよう。新マシンを旧マシンの隣に置き、旧マシンにつながっていたキーボードやマウス、モニタやプリンタを新マシンにつなぐ。旧マシンは念のため置いたままにしておくが、なにもつながっていない状態になった。これで今までとだいたい同じ環境で、マシンだけが入れ替わった。キビキビ動くパソコンが戻ってきてよかった。実家の家族も喜んでいた。

前回も書いたけれど、これでまた10年くらい使えるといいな。

内科へ行ったらすいていた

花粉症の薬がなくなったので内科のクリニックへもらいに行ったら、自分のほかにもう一人くらいしか人がいなかった。この時期は花粉症とインフルエンザでにぎわっているだろうと思ったら全然そんなことはなかった。医療機関新型コロナウイルスをもらってしまう可能性がある場所ということが周知されているのだな。

前回薬をもらったのは2月20日。岩田健太郎医師がダイヤモンド・プリンセス号の検疫体制を告発したころである。このときはクリニックもわりと普通に混雑していた記憶がある。日本ではすでに新型コロナウイルスによる死者は出ていたものの、まだそう深刻には受け止められていなかった。

受付の人と「ずいぶんすいてますねえ」という話をした。「こういうご時世ですから。それにみなさん手洗いをしっかりなさっているのでしょう」とのこと。インフルエンザの患者は今年すごく少ないそうだ。

花粉症の薬は去年から「ルパフィン」をもらっている。ここ数年はアレルギーの症状があまり出なくなっていたところ、最新の薬でさらに症状が軽くなった気がする。今年は目薬を数回しか使っていない。

そしてマスクをなかなか買えなくて、使い捨てマスクを使い捨てずに使い続けている。今年は去年見つけた、洗って再利用できるシリコンのマスクを試してみようと思っていたが、買う前に買えなくなってしまった。いつ見つけられるだろうか?

ピッタマスク(PITTA MASK) GRAY 3枚入 ×3個セット

ピッタマスク(PITTA MASK) GRAY 3枚入 ×3個セット

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

「あつまれどうぶつの森」で少し遊ぶ

2020年になって「森」カテゴリを使うことになろうとは。

ニンテンドーDS版の「おいでよどうぶつの森」はかなり遊んで、たくさんエントリを書いた。

f:id:Imamura:20060306233509j:plain

最後のプレイ日記はこちら。13年前だ。

おいでよ どうぶつの森

おいでよ どうぶつの森

  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: Video Game

その後Wii版の「街へいこうよどうぶつの森」も買ったがあまり遊ばなかった。グラフィックはきれいになったが内容は「おいでよどうぶつの森」を基本的にそのまま移植したもので、追加要素は街へ出かけられることくらいだったのと、据え置き機で遊ぶのはお手軽ではなかったからだった。

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品) - Wii

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品) - Wii

  • 発売日: 2008/11/20
  • メディア: Video Game

Wii Uには「どうぶつの森」が出なかったしそもそも本体を買わなかった。ニンテンドー3DS版の「とびだせどうぶつの森」は買わなかった。

とびだせ どうぶつの森 - 3DS

とびだせ どうぶつの森 - 3DS

  • 発売日: 2012/11/08
  • メディア: Video Game

そして今回の「あつまれどうぶつの森」である。

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game

あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版

あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版

  • 発売日: 2020/03/19
  • メディア: Software Download

一番よく遊んでいたのがDS版なので、グラフィックが驚異的にきれいになったと感じる。スマートフォン版の「ポケットキャンプ」も遊んでいてグラフィックは「あつまれ」並みにきれいだが、あれはあくまで番外編だ。縦画面だしプレイ感覚が異なるせいか、正統なシリーズである「あつまれ」を見たときは新鮮な驚きを感じた。

しかしこの年になっても「どうぶつの森」で遊ぶ気になるとはねえ。ちょっと遊んでみただけでもシステムがさらにこなれて遊びやすくなったと感じる。魚を釣ったときのメッセージが「おいでよ」から変わっていないのが面白い。

とはいえ「おいでよ」の時のように詳しいプレイ日記をつけるつもりはない。時間を見つけてちょこちょこ楽しむ程度になるだろう。

(今日のTwitterは「あつ森」一色になるかと思ったら、きくちゆうきの「100日後に死ぬワニ」でもちきりになった。任天堂としてはワニに話題を食われるとは予想外だったのではないだろうか)

9年目の今日、『ワン・モア・ヌーク』を読む

ワン・モア・ヌーク (新潮文庫)

ワン・モア・ヌーク (新潮文庫)

藤井大洋『ワン・モア・ヌーク』を読んだ。2020年3月6日から10日までの東京が舞台になっている。この時期を選ぶからには当然、震災とそれにともなう原発事故が主なテーマである。また東京オリンピックの開催を控えていることも重要なポイントだ。

そもそも著者が小説を書こうと思い立ったのは2011年の原発事故がきっかけだそうだから、原子力と安全、安心や科学リテラシーについて考えていることがこのような形になったのだろうと感じた。

以下はセルフパブリッシングされた初めての小説『ジーン・マッパー』が話題になったころのインタビュー。

「きっかけは昨年の東日本大震災でした。大震災自体も、もちろんショッキングではありましたが、福島原発事故と、その後の専門家の混乱で、これまで社会が科学に対して持っていた信頼が完全に失墜したことが、私にとってはさらに衝撃的な出来事でした」

すべてのものと同様、科学にも良い面、悪い面がある。だが一方で科学技術のもたらした恩恵により、昔より今の生活は確実に改善しているはずで、さまざまな面で豊かに、楽に暮らせるようになっている。その点についての見方まで揺らいでいることが、藤井氏には非常に気になったのだという。

「科学や技術はたくさんの問題を引き起こしてきましたが、それでも人間にはそうした困難を乗り越える力があるはず。これまでもそうしてきたし、これからもきっとそうできると思うんです。決して諦めてはいけない、そういう明るい前向きなメッセージを、何とかして世の中に訴えたい」

日本人初? 「コボ」「キンドル」でデビューした新人作家が1位を獲得するまで - 林 智彦 - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
セルフ・パブリッシング版(「core」)
商業出版版(「full build」)
Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)

Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)

さて、現実の日本と世界は今、原子力のことを考える余裕を失っている。新型コロナウイルス「COVID-19」が中国の武漢市で流行し、韓国と日本を通り過ぎて今はヨーロッパや中東に広がりつつある。学校は休校になりイベントは中止されている。株価や為替相場も荒っぽく推移している。今日は、震災や原発事故について静かに思いをめぐらせる9年目とはならなかった。

災害が起きたとき重要なのは、正しい情報に基づく行動だ。しかし原発事故のときと同様、新型コロナウイルスに対しても不正確な知識、裏付けのない直感にもとづく言説によって社会に混乱が起きてしまっている。検査数を抑えて医療崩壊を防ぐ方策への疑問、またマスクやトイレットペーパーの品薄騒動が典型的だ。

下の写真は、今日スーパーで撮影したものである。納豆の棚が空っぽになっている。

f:id:Imamura:20200311215847j:plain

なんでも茨城県では新型コロナウイルスの感染者が見つかっていない、それは茨城県民が納豆を食べているからだというデマにもならない冗談(としか思えない)が原因らしい。

新型コロナウイルスは今のところワクチンや治療薬がない病気で、不安になるのはわかる。だからといって納豆が売り切れるのでは呪術と変わらない。バナナダイエットを思い出した。

集団免疫とは、ワクチンの接種でたくさんの人が病気にかからなくなった(=免疫を獲得した)状態をいう。なるべく多くの人がワクチンを打つことで、免疫のない人どうしの接触を減らし、病気が広がるのを防ぐことができる。

教育で獲得できる知識やメディアリテラシーもまた集団免疫なのだと思う。おかしなデマが出てきても、知識の集団免疫ができていて「それはおかしい」とわかる人が多ければ広がることはない。

手洗いが病気を防ぐことに異を唱える人はいない。それは一人ひとりがそう実感した経験を持っているからではなく、単に皆がそういう知識を持っているからだ。「手洗いは体に悪い」と主張する人がいても「それはないでしょ」と相手にされないだろう。これは手洗いの知識が集団免疫を獲得しているともいえるのではないか。

原発事故の被災地としての福島県は、しばしばカタカナで「フクシマ」と表記される。『ワン・モア・ヌーク』には、原発事故から9年を経てもなお根強く残る、「フクシマ」への不信感に対する絶望が描かれる。そこに知識の集団免疫はない。震災や原発事故そのものではなく、人々の誤解や偏見によって健康を害したり、時には亡くなってしまう人もいる。新型コロナウイルスで同じことは起きてほしくないが、どうなるかはわからない。

しかしあきらめるわけにはいかない。科学は万能でないが、科学を用いて理性と知性でことにあたっていきたい。

関連リンク

本書で参考文献に挙げられている「0.02%の嘘」を書いた柏井勇魚さんの書評。

「0.02%の嘘」はこちら。

『Make: Electronics第2版』で電子工作のことがちょっとわかった

f:id:Imamura:20200222151325j:plain

電子工作の基礎を独習したい人向けの本、『Make: Electronics』が第2版になりました。わたしはこの本の編集をお手伝いしています。

本書は「発見による学習(Learning by Discovery)」というプロセスを通じて学ぶ、新しい世代のためのエレクトロニクス入門書です。最初に実験または製作を行い、その後、理論を解説するという構成で、退屈になりがちな学習をより深く心に残る「体験」にします。本書で行う実験は「電気を舌で味わう」「電子部品の分解」「LEDを焼き切る」など。作例としては、侵入アラーム、反射速度計測タイマーなど、エレクトロニクスの重要な要素を理解するのに最適なものを取り上げました。また本書では、ホビーとしてのエレクトロニクス(電子工作)を楽しむための実践的なアドバイスや、さまざまな法則や電子部品にまつわるコラムも収録。中・上級者でも楽しめます。第2版は、全面的にアップデート。さらに新たにArduinoの解説が加わりました。

O'Reilly Japan - Make: Electronics 第2版


新版とのことでどのくらい修正が入るのかなと思っていたら、なんと本文は全部書き直されていました。初版と同じ実験をするところももちろんありますが(電池をなめたり!)、作例も初版のフィードバックを受けて修正されています。しかもフルカラーになりました。改訂版ですが完全に新しい本として生まれ変わった感じです。

こういう本を編集しておいてなんですが、自分は電子工作に詳しいわけではありません。Maker Faire Tokyoをその前身から10年以上見てきて、いろいろな電子工作の作品はどれも楽しいなあ、すばらしいなあと思いはするものの、自分でやってみようという気分には全然ならないまま来ています。

以前こんなことを書いていました。

それにしても、いろいろ見ても自分でやろうという気持ちにまったくならないのが我ながら不思議だ。アイデアが出れば作るだろうが電子工作でどんなことができるかを理解していないからアイデアも出ないという循環になっている。

Maker Faire Tokyo 2013に行ってきた - ただいま村

これを書いた2013年から少しずつ手を動かすようになってはいて、知識もゆっくり身についてきています。はんだづけを習ってキットを作ったり、はんだごてなどを一式揃えたり、3Dプリンタを作ったりしてきました。自作キーボードのキットを買うのももう抵抗はありません。

それでも、これらは指示された通りの工作ができるようになっただけであって、自分でなにかを設計できるわけではありません。本を編集すれば自動的にその分野の勉強になるので、これで電子工作の理解が進むといいなという気持ちもありました。

Make: Electronics第2版』の仕事が終わって、さてどうなったでしょうか。さすがに「電子工作完全に理解した」とはなりませんでしたが、電子回路がどうやって設計されているのかはわかった気がします。

電子回路はさまざまな部品で構成されています。LED、抵抗、コンデンサトランジスタダイオード、リレー、ロジックIC、タイマーICなどなど。これらがどういう役割を持っているのかはこの本でしっかり説明されています。そしてこれらをもとに目的の回路を組み上げるまでの流れが詳しく解説されています。

なるほど、電子回路はこうやって作るのかということはわかりました。そしてそれは思った以上に泥臭く、自分で作り上げるのは試行錯誤やノウハウが必要そうなものだということもわかりました。

本書の終盤では、Arduinoを使った電子回路の作り方も解説されています。それまでの学習をふまえてArduinoを知ると、この種のマイコンボードがいかに便利なものかがわかります。LEDを光らせるだけでも、マイコンボードを使えば回路の組み替えなしにさまざまなパターンを試すことができます。Arduinoのおかげで、電子工作に詳しくない人でもアイデアを手軽に実現できるようになりました。いい時代になったものです。その一方、本書で学ぶことでArduinoに頼らない回路設計も可能になるでしょう。

Make: Electronics第2版』は電子工作を始めたい人向けの入門書です。ぜひ手に取ってみてください。

Make: Electronics 第2版 ―作ってわかる電気と電子回路の基礎 (Make:PROJECTS)

Make: Electronics 第2版 ―作ってわかる電気と電子回路の基礎 (Make:PROJECTS)

  • 作者:Charles Platt
  • 発売日: 2020/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

時計の電池を交換した

f:id:Imamura:20200225114151j:plain

寝室の掛け時計が少し遅れていたため合わせたらジジジジ…という音を出して秒針が進まなくなった。電池切れだったのか。電池を交換したら取り出したほうに日付が書かれていた。へえー。こういうことをしたのは誰でしょうか。自分だ。でもすっかり忘れていた。この単3電池は2018年2月12日に入れたものらしい。2年間でなくなったことになる。とすると次は2022年2月かな。同じ単3電池でも違う商品を入れたからそう簡単な話ではないかもしれない。

電池交換のことは書いていなかった。