勝手な正誤表を5冊分追加

最後の『理論疫学者・西浦博の挑戦』はタイムリーな好著だった。クルーズ船が入港して緊急事態宣言が出されて解除されるあたりまで、専門家たちがなにをどう考えて行動していたかがよくわかる。感染症対策のプロフェッショナルは新型コロナウイルスに全力で対峙し、人間側の都合で手を抜いたりはしない。一方で政府の「責任を取りたくない感」も伝わってきた。対策チームが発表する文書に、官僚が政府に都合のいい文言をしのばせる話とか、尾身茂氏がアベノマスク配布の話を聞いて西村大臣に「マジ切れ」する話などが書かれていた。

今年のおみくじは吉

初詣でおみくじを引いた。今年は吉。

第一番

とは何か様々に形を変えてあなたの元にやってくるだろう
人は誰もが愛する力を備えて生まれてくる
その力を如何に活かすか あなたの人生愛に溢れている

運勢 吉


  • 願望:思うより早く叶うだろう
  • 仕事:今がやりがいのある仕事 実績も上げ高評価
  • 恋愛:意中の人と通じ合っています 素直に告白して
  • 健康:無理な食事制限など大きな負担は不調の原因
  • 学業:気楽に向き合いなさい 今は得意分野を伸ばせ
  • 金運:借金の肩代わりなど厳しい状況も 断る勇気を
  • 旅行:森林や湖などリラックスできる場所が良い
  • 出産おさん:安心できる良い環境を作って臨みましょう

愛にあふれた人生とは大きく出た。実際はどうでしょうか。どうだろう?

縁起物は六瓢簞。初めて見た。

六瓢簞むびょうたん
六瓢は無病(健康)に通じ出世飛躍を授ける縁起物です。瓢簞の中には神霊が宿るといい伝えられ太閤秀吉の馬印として知られる「千生り瓢簞」もその縁起にあやかったものです。財布等の中に入れて大切にお持ち下さい。

さて、今年はどんな一年になるだろうか。

2020年は新型コロナウイルスで世界が一変してしまった。2011年の東日本大震災以来、いや全世界に影響があったからそれ以上の衝撃だ。それ以前の生活にすっかり戻ることはもう考えられない。リモートワークの普及などポジティブなこともあったが経済への打撃が大きく、ワクチンの接種が始まったとはいえ今後の先行きは不透明だ。潜伏期間が長くてその間も感染性があり、無症状感染の割合も高いという特徴で人類がここまで追い込まれるとは。科学の力で押し戻していきたい。

これまでのおみくじ

2020年はこんな年でした

(これははてなキーワード2020年」用にまとめたものです)

前の年

1月の出来事

続きを読む

ポケモンGOでレベル40に到達

ポケモンGOがサービスインしたのは2016年7月で、その日からほそぼそとやってきた。プレイヤーの最高レベルは今までずっと40だったのが50まで引き上げられることになり、それに合わせて年内にレベル40になっておくといいことがありますよというアナウンスがされた。

日本時間12月31日(木)23時59分までにトレーナーレベル40に到達すると、レガシー40になった記念として、素敵なリワードを受け取れます。着せ替えアイテムの限定ギャラドス帽子がもらえる「タイムチャレンジ」や、レガシー40バッジが用意されていますのでお楽しみに!

『Pokémon GO』が進化:まもなくレベルアップの上限が50に! - Pokémon GO

これを読んだときの自分のレベルは38。ここからレベル40になるには600万以上の経験値(XP)を獲得しなければならない。しかしこれを残り日数で割ってみると無理でもないような気がしてきた。今までずっと無課金でやってきたけれど、4年以上遊ばせてもらった感謝のつもりで課金もしつつ、レベル40に挑戦してみることにした。

それにあたって、今日獲得したXPがどのくらいで、それは目標にどのくらい近づいたことになるのかをまとめておこうと思った。Googleスプレッドシートに入力すると達成度がグラフでわかるようなのがいい。

その結果はこんなグラフになった。具体的な数字を入れると暇人度がわかってしまって恥ずかしいので曖昧な感じで。

f:id:Imamura:20201229204526p:plain

  • 棒グラフはその日獲得したXP
  • オレンジの実線の折れ線グラフは、その日までに獲得したXPの1日あたりの平均値(その日の獲得XPが前日のこれより多いと、その日は上がる)
  • オレンジの点線の折れ線グラフは、大晦日までに同じ量のXPを獲得してレベル40になる場合に、1日ごとに獲得するべきXPの変化(その日の獲得XPがこれより多いと、次の日は下がる)

点線より多くのXPを獲得するのを毎日の目標にした。これを達成すると次の日のノルマは少なくなる。ノルマを達成していくとだんだん楽になっていく感じ。今までは片手間に遊んできたが、ポケモンGOそのものを目的にうろうろすると案外早くXPがたまる。特に11月21日や12月1日はイベントもあったのでXPをたくさん稼ぐことができた。

そんな調子でやっていたら12月22日にもうレベル40になった。やったーギャラドス帽だー…と思ったらアイテムに出てこない。「レガシー40チャレンジ」のタスクをクリアしなければいけなかった。これに気付かず31日ギリギリにレベル40になっていたらタスクを達成する時間がなかったかもしれないと思うと恐ろしい。タスクも無事にクリアしてギャラドス帽をゲットできた。

レベル40までは単にXPを稼げばレベルアップできたが、レベル41以降は「ポケモンを1日200匹捕まえる」のようなタスクもクリアしなければならず大変だ。年内にレベル40という目標は達成できたから、またほどほどに遊ぶモードに戻ろう。

ディスク読み込みエラーが出るWiiを修理する

Wiiの調子が悪くなったのはだいぶ前だった。ディスクを読み込まないことがある。熱の具合なのか、主電源を切ってしばらく置くと読み込むことがあるが、ゲームをしているとそのうちまた「ディスクを読み込めませんでした」なんて出たりする。任天堂に送って修理してもらわないとなーと思いつつ、しょっちゅう遊ぶわけでもないし買ってあるバーチャルコンソールをSDカードに逃がしてからとか考えると面倒で、ついそのままにしていた。

そしてこの間、重い腰を上げてWiiの修理について検索してみるとこれですよ。

このたび、2006年12月2日に発売しました「Wii本体」につきまして、修理に必要な部品の確保が困難なため、2020年3月31日(火)の弊社到着分をもちまして修理受付を終了させていただきます。

Wii本体の修理受付終了に関するお知らせ |サポート情報|Nintendo

先日のPS2の修理と同じである。

先日のPS2の修理とは
PS2をバキバキ壊しながら修理した(https://ima.hatenablog.jp/entry/2019/06/23/000000

これもう1年半前なのか。そんな前とは思えないのは体験として新鮮だったからかも。

ともかく、PS2に続いてWiiも修理受付が終了していた。では今回も自分でなんとかしようじゃない。幸い参考になるページが見つかった。

ネジを外していく。同じ面に使われているネジでも長さやピッチ(ネジの溝の間隔)が違ったりしているので、あとでわからなくならないよう慎重に。

f:id:Imamura:20201227143737j:plain

本体のカバーはこんな感じで外れます。

f:id:Imamura:20201227144032j:plain

調整用のネジはT6のトルクスネジだった。

f:id:Imamura:20201227145111j:plain

今の位置をマジックで書いておく。

f:id:Imamura:20201227145730j:plain

このくらい回したらいい感じになった。

f:id:Imamura:20201227155554j:plain

チェックにはWii Fitのディスクを使った。我が家にはWii Fit Plusもあるので万が一ディスクに傷が付いたりしてもかまわないということで。ディスクの読み込みチェックはカバーなどを外したままでもできる。Wii Fitのディスクを読み込むようになったのでカバー類を元に戻して起動、Wii Fit Plusのディスクを入れたら「読み込めません」。えー。また全部開けて調整をやり直し、Wii FitのディスクもWii Fit Plusのディスクも読み込めることを確認して元に戻した。

Wiiは構造がPS2よりもシンプルで、分解も大変ではなかった。そうしょっちゅう起動させるものでもないけれど、いざ遊びたいときにちゃんと遊べるのは大事だ。

関連記事

Wiiを買った日の記事
Wiiゼルダの残念感(https://ima.hatenablog.jp/entry/20061202/wii

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(サンプルキャッチャーの開封作業とカプセル回収活動の報告)

日時

  • 2020年12月24日14時~15時

前回の記者会見

登壇者

f:id:Imamura:20201224155020j:plain

JAXA 宇宙科学研究所はやぶさ2プロジェクトチーム

  • 統合サイエンスチームメンバー 臼井寛裕(うすい・ともひろ)(JAXA 宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 教授/JAXA 宇宙科学研究所地球外物質研究グループ グループ長)
  • サブマネージャ 中澤暁(なかざわ・さとる)(JAXA 宇宙科学研究所 主幹研究開発員)
  • ミッションマネージャ 吉川真(よしかわ・まこと)(JAXA 宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)
  • 光学観測担当 藤田和央(ふじた・かずひさ)(JAXA 研究開発部門第二研究ユニット 研究領域上席)
  • 方向探索担当 藤田直行(ふじた・なおゆき)(JAXA セキュリティ・情報化推進部スーパーコンピュータ活用課 課長)
  • マリンレーダー担当 林大介(はやし・だいすけ)(JAXA 宇宙探査イノベーションハブ 主任研究開発員)
  • ドローン担当 田中智(たなか・さとし)(JAXA 宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 准教授)
  • 総合着地点、ヘリ運用担当 川原康介(かわはら・こうすけ)(JAXA 宇宙科学研究所 基盤技術グループ 主任研究開発員)
  • カプセル回収担当 山田哲哉(やまだ・てつや)(JAXA 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授)
  • サンプラ主担当 澤田弘崇(さわだ・ひろたか)(JAXA 宇宙科学研究所 はやぶさ2プロジェクトチーム 主任研究開発員)

(上段左から臼井氏、吉川氏。下段左から中澤氏、藤田和央氏、藤田直行氏、山田氏、林氏、田中氏、川原氏)※澤田氏は音声のみ

中継録画

配付資料


本日の内容

(吉川氏より)

続きを読む

小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星リュウグウからのサンプルリターン結果に関する記者会見

日時

  • 2020年12月15日13時~14時(実際には14時35分まで)

前回の記者会見

登壇者

f:id:Imamura:20201215145433j:plain

はやぶさ2」プロジェクトチーム

  • ミッションマネージャ 吉川真(よしかわ まこと)(JAXA 宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)
  • プロジェクトサイエンティスト 渡邉誠一郎(わたなべ・せいいちろう)(名古屋大学大学院 環境学研究科 地球環境科学専攻 教授)
  • サンプラ主担当 澤田弘崇(さわだ・ひろたか)(JAXA 宇宙科学研究所 はやぶさ2プロジェクトチーム 主任研究開発員)
  • サンプリングチームサイエンス PI*、初期分析チーム PI 橘省吾(たちばな・しょうご)(東京大学大学院理学系研究科宇宙惑星科学機構 教授)
  • サンプリングチームメンバー、初期分析揮発性物質チームリーダー 岡崎隆司(おかざき・りゅうじ)(九州大学理学研究院地球惑星科学部門 准教授)

JAXA 宇宙科学研究所地球外物質研究グループ

  • グループ長 臼井寛裕(うすい・ともひろ)(JAXA 宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 教授、「はやぶさ2」プロジェクトチーム 統合サイエンスチームメンバー)

※PI:Principal Investigator、研究代表者

(上段左から吉川氏、臼井氏、渡邊氏。下段左から橘氏、澤田氏。岡崎氏は音声のみで登壇)

中継録画

小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星Ryuguからのサンプルリターン結果に関する記者会見 - YouTube

関連リンク

プロジェクトマネージャの津田雄一氏からのビデオメッセージ

f:id:Imamura:20201215151226j:plain

12月6日に無事地球帰還したはやぶさ2のカプセルはオーストラリア、ウーメラの地で回収されたあと現地回収チームの手で即座に日本のキュレーション設備に搬入され、約1週間かけてカプセルを開封する作業を続けてきましたが、このたび、その中に明らかにリュウグウで採取された砂が相当量入っていることが確認できました。さらに、豪州の即時の分析と、日本に帰国してからの分析で、我々はリュウグウ由来の気体も採取できていたことを確認いたしました。これではやぶさ2はサンプルリターンミッションを完全完遂できたことになります。

計画してから10年以上、打ち上げてから6年、私たちが夢にまで見た小惑星の砂、地球外の天体のサンプルがいま私たちの手元にあるのです。今日この大きな科学的な節目となる日にプロジェクトの科学代表としてプロジェクトサイエンティストの渡邊先生、そして現場で開封作業を一生懸命してきたサンプラーチームとキュレーションチームから説明させていただく機会を設けました。私自身もずっと心血を注ぎ、やり遂げた先がこのような大成果につながり感無量です。この大きな大きな成果と私たちの喜びをぜひ共有できればと思います。

渡邊氏から

嬉しい報告ができて喜んでいる。いろいろなミッションをこなしつつ最後には採れたサンプルを持ち帰ることが最大の目的。それがキュレーションチームに渡った。

46億年前に地球に水や有機物がもたらされ地球環境が作られていったと考えている。地球外からフレッシュな形で表面物質を持ち帰ることができた。しかも2か所。特に2か所目は地下物質も含めて持ち帰れた意義は大きい。

今まで隕石をもとに研究してきたが地球の物質と混ざってしまっているのではないか、隕石から見つかっても地上のものが混ざってしまったのではないかと考えられてきた。そういうものが混ざっていない。ガスも採取できたのはよく密封されているということ。予想をはるかに超える量を得ることができた。科学的価値を明らかにしていく。

はやぶさ2はサンプルを落としてオーストラリアでトライを決めた。次は高速自転する小惑星に向かっている。バトンが続いていくことを期待している。

本日の内容

f:id:Imamura:20201215131953p:plain

続きを読む