東京都の新規感染確認者数が増加傾向

これまでの記事

東京都における新型コロナウイルスの新規感染確認者数がじわじわ増えている。といってもこのところ発表される感染者数は20人とか30人なので、増えているという実感はあまりないかもしれない。

新規感染確認者数は曜日による増減があるから、7日間の平均を見れば今の感染者数の傾向がわかりやすい。そしてその数字を先週と比べると、いま感染者が減少傾向にあるのか増加傾向にあるのかをつかむことができる。

8月25日から11月9日までの新規感染確認者数のグラフを作った。

f:id:Imamura:20211110172707p:plain

緑の線は新規感染確認者数の7日間平均の前週比である。これが1倍以上だと増加傾向で、1倍未満だと減少傾向にある。8月25日は第5波以降初めて1倍を切った日で、それから11月9日まで2か月半ほど、1倍を超えることはなかった。

8月の爆発的な感染拡大が通り過ぎたあとだと、この静かな状態が嘘のように思える。

9月は「趣味の活動をする意欲が出てきた。気持ちに余裕が出てきたと感じる」と書いていた(10月1日付:緊急事態宣言が解除されたので第5波のまとめなど)が、10月は逆に気分が落ち込み気味だった。集中力が出ず、なにかをする気力がわきにくくなる。典型的な抑うつ状態である。このブログも新型コロナウイルスの話ばかりではなんなので、なるべくそれ以外の記事を書くようにしてきたが、10月はそういう記事は1つしか上げられなかった。

その10月1日にはこんなツイートをしていた。

引用ツイートしたのは下のような連続ツイートだった。

このときは、こういう燃え尽き型の疲れは医療従事者だけの話だと思っていた。9月の自分はわりと活動的だったから。でも10月になったら自分が同じような疲れを感じるようになった。メンタルクリニックで先生に話したら「緊急事態宣言が明けたらみんな元気に外へ出るかと思ったらそんなことはなく、町は案外静かだ」と言っていた。第5波は感染者が今までになく増えてピークがなかなか見えなかったので、みんな疲れてしまったのだろう。

現在の増加傾向は1週間に1.2倍に増える程度で、第5波の一番多いときが2倍以上だったのに比べるとずいぶん低い。東京都が発表する検査陽性率もまだ0.4%ほどでとても小さく、増加の兆候は感じられない。感染者が今すぐ急激に増えるレベルではないといえる。とはいえ7日間平均の前週比が1倍を超えてしまった以上、7日間平均は11月4日の19.3人がひとまず底となるようだ。ずっと調子よく減っていたから、この調子なら7日間平均が10人を切る日が来るかもしれないと思っていたが残念だ。

さて、今の増加傾向はどこまで続くだろうか。いつか第6波が来ることはもうみんなわかっている。問題はそれがいつごろ、どのくらい大きな波になるかだ。

いずれの記事も、基本的な感染対策と3回目のワクチン接種が効果的と結ばれている。そしてワクチン接種の効果で、第5波のような爆発的な感染拡大は起きないだろうと考えられている。それはとてもいい話だ。

もう一つ気になるのが、今の感染者数のうちワクチンを打っている人はどのくらいいるか。

新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等(第46回以降)|厚生労働省」の第58回、「【PDF】資料2-4 全国の新規陽性者数等及び高齢者のワクチン接種率等」に数字があった。

f:id:Imamura:20211111232110p:plain

f:id:Imamura:20211111232102p:plain

10月18日から31日まで、10万人あたりの新規陽性者数を合計すると:

  • 未接種と1回目接種の新規感染確認者数:146.9人(92.5%)
  • 2回接種の新規感染確認者数:11.9人(7.5%)

ワクチンを2回打っていれば、そうでない人よりずっと感染しづらいことがわかる。

ほかに、こんな記事もあった。

  • 11月10日の記事:新型コロナ 4か月間でブレイクスルー感染2.56% 神奈川 | 新型コロナウイルス | NHKニュース
    • 2021年6月から9月までの4か月間、神奈川県で新たに感染が確認されたのは10万6,074人
    • うち2.56%にあたる2,717人がワクチン2回接種済みの人の「ブレイクスルー感染」。感染者の実に97.44%がワクチン未接種(6月から9月の調査なので、当時は打ちたくても打てない人が多かったと思われる)
    • 2,717人のうち死亡したのは10人、全員が65歳以上。ワクチンを接種済みでも、感染すると271.7人に1人、0.37%の人(かつ65歳以上)が亡くなった
    • ワクチン接種済みで感染後入院が必要となった人の割合はワクチンを一度も接種していない人に比べて低い。65歳以上では半分以下。つまりワクチンを打つと症状が重くなりにくい(当たり前と思うかもしれないが、大規模調査で裏付けられたことが重要)

こちらもワクチンの効果の高さを感じる。

ワクチン接種をまだ迷っている人がもしいたら、自分や周囲の人の命と健康を守るためにぜひワクチンを打ってほしい。新型コロナウイルスにかかると、死ぬことはなくても後遺症はとてもつらい。

生活への影響が大きい後遺症としては、息苦しさや倦怠感、意識障害(ブレインフォグ)、味覚障害、そして脱毛などがある。いわゆる慢性疲労症候群になったという報告もある。注射が怖いとか副反応がいやだという人もいるようだが、そんなことを言っている場合ではない。注射は一瞬、副反応は長くても数日だけだ。一方後遺症はいつまで続くかわからない。ワクチンを打たない選択肢はないと考えてほしいものだ。

9月30日には東京都の新規感染確認者数はかなり減りそう - ただいま村

「何年後かにワクチンで死ぬかもしれない」という意見もある。今のところ、それが絶対にないとは言い切れない。しかし万が一それが実際に起きたら最初にいなくなるのは医療従事者である。日本のワクチン接種率は現在約70%だから、残りの3割の人たちで社会を運営しなければならない。そんなことが可能だろうか。ワクチン未接種の人はワクチンで死ぬことはないかもしれないが、そんな世の中で天寿を全うするのは今よりずっと大変なはず。特段の事情がないのなら、ぜひワクチンを打ってほしい。

そしてそれ以外のみなさんも、マスク、手洗い、3密の回避という基本的な感染対策を続けながらブースター接種を待ちましょう。

関連リンク

毎日の新規感染確認者数をもとにしたグラフのツイート

画像だけを見るなら:id:Imamuraのはてなフォトライフにある「covid-19」フォルダ(CC-BYにしてありますのでルール内でどうぞご利用ください)

追記

続きを書きました。