今日のツイート

電子コミックの未来は?――秋葉原でイベントが開催 - デジタル - 日経トレンディネット

電子書籍・コミックサミット in 秋葉原」。

電子書籍中間フォーマット策定やEPUB日本語化が、事業仕分けの対象に? -INTERNET Watch

「週明け15日からスタートする『事業仕分け第3弾』の後半日程で、総務省の『新ICT利活用サービス創出支援事業』が仕分けの対象となった」。

FPD International2010:電子ペーパーもカラー化へ ブリヂストン「AeroBee」、E Ink「Triton」 - ITmedia News

各種電子ペーパーの写真を掲載。ブリヂストン電子ペーパー「AeroBee」はスタイラスで記入もできる。「端末の実用化は未定だが、銀行の渉外担当者がアンケート回収などに使う実証実験を現在進めてるという」。

国内出版37社が北米向けマンガポータルサイト設立 年内β版目指す

「『Jマンガポータルサイト』と仮称されたサイトを設け、ここから各社が権利を保有するマンガ作品をデジタル配信する」とのことで、11月2日にオープンしたVIZ mediaのiPad向けマンガ配信サービスとはまた違うもののようだ。「国内の大手出版社のほとんどが参加するデジタルコミック協議会をベースに進められる」。

ボイジャー、電子書籍専門モール「Voyager Store」を18日オープン -INTERNET Watch

「テナント出店型のショッピングモールとなり、ボイジャーが運営する『理想書店』が第1号店として出店」。「従来App Storeで配信してきたiPhone用アプリ『理想BookViewer(iPhone用)』およびiPad用アプリ『Voyager Books(iPad用)』の機能を統合。ユニバーサル化したiPhone/iPad共通アプリ『Voyager Books』として新たにリリースする」。新アプリのリリースは11月18日とのこと。

この件、今日ボイジャーからメールが来ていた。

iPhoneをお使いのお客様へ>

(1)現在のアプリは【削除しない】でください。

  • 注意1●理想BookViewerを削除すると【アプリと作品が一括削除】されます。
  • 注意2●ダウンロード期限が過ぎたコンテンツは再ダウンロードできません。
  • 注意3●現「理想BookViewer」と新「Voyager Books」を併用してください。

hon.jp DayWatch - AAP発表、米国内の9月単月の電子書籍売上高は約32.9億円で前年同期比158.1%増

「米国の出版社業界団体の1つであるAssociation of American Publishers」のレポート。

hon.jp DayWatch - 米Random House、電子書籍の売上がわずか半年間でいっきに3倍に

本筋とは関係ありませんが「なお、同発表の中でRandom House社は日本市場・韓国市場から撤退したことも明らかにしている」とのこと。

学術書をデジタル化 日本の大学で初の試み - 慶應塾生新聞 いつだって、塾生目線

慶應義塾大学メディアセンターは、学術書のデジタル(電子書籍)化と特定利用者への提供を試みる実験プロジェクトを立ち上げた。今年12月15日から2012年3月31日まで実施する」。「資料が貸出中で利用できないという状況も改善される」というくだりがあってほほー。大学の図書館なら自治体の図書館と違って、1冊を複数に貸し出す許可も得やすそうだ。

Tegra 250+Android 2.2:「最大パフォーマンスのタブレット端末を目指した」――LuvPad製品説明会 - ITmedia +D PC USER

10.1型、「本体サイズは169(幅)×260(奥行き)×13.9(高さ)ミリ、重量は約750グラム」というiPad似のタブレット端末。39800円。

編集者の日々の泡:手を挙げて電子出版を担当 ――その経緯4 どうやって著者の方に利益を確保してもらうか

電子書籍で現在いちばん売れているもので11万部程度。ほとんどは『箸にも棒にも』レベルで、経験則として『紙の書籍の1/20の売上』と言われている」。しかも初版でまとまって入る印税がなく実売ベースの世界では、よほどの見込みが内限り書き下ろしをお願いはできない。じゃあどうするか…は次のエントリでとのこと。

Adobe Digital Publishing Suiteビデオチュートリアル - Radium Software

8分12秒。


D

  • Adobe CS5を使ってWIRED Magazine for iPad的なものを作る - Radium Software(d:id:KZR:20101109:p1):「Digital Publishing Suite(以下DPS)は、簡単に言ってしまえばWIRED Magazine for iPadを制作するのに使われたソリューションを一般に公開したものだ」

版元日誌 » 【北海道初! 電子書籍無料公開キャンペーン】のご報告

柏艪舎(はくろしゃ)は「7月30日から9月30日まで2ヶ月間、弊社の書籍を10作品全文無料で公開する『電子書籍無料公開キャンペーン』を開催」。宣伝効果は確かにあったでしょう、という報告。

Amazon、物議醸した電子書籍「小児性愛者ガイド」を削除 - ITmedia News

Amazonは当初、『誰かが好ましくないと考えているというだけの理由で特定の書籍を販売しないのは検閲だと信じている』とコメントしていたが、その後同著の販売ページを削除した」。

hon.jp DayWatch - モバイルブックジェーピー、マツコ・デラックス著「世迷いごと」をiPhone/iPad向け電子書籍アプリで発売

iPhoneiPad両方に対応し、電子書籍ビューワーはモリサワの「MCBook」を採用。価格は1,000円(紙書籍版は1,260円)」。紙の本は双葉社刊。

世迷いごと

世迷いごと