3Dプリンタで歯ブラシ立てをちょっと高くする

以前、ひげトリマーのスタンドを3Dプリンタで出力してもらった。

「また」なのは最初に出してもらったほうが寸法の間違いで本来の用途に使えなかったから。

f:id:Imamura:20140320152902j:plain

左側のひとまわり小さいほうはその後歯ブラシ立てとして使っている。しかしちょっと背が低い。

こんな感じ
f:id:Imamura:20140709003015j:plain

そこで、これを少し高くするものを3Dプリンタで出力してみることにした。

例によって123D Designモデリング。逆さに出力すればサポートをつけずにすむ形状にした。

f:id:Imamura:20140826124454p:plain

前回でこりたので、ちゃんと収まるかちゃんとチェック。

f:id:Imamura:20140826124455p:plain:h450

結合部は素材の収縮を考えて0.5ミリ余裕を持たせた。スタンドの縦横の幅は40ミリ×30ミリで、今回作るパーツの内側は40.5ミリ×30.5ミリになっている。

出力したパーツはこれ。ABS樹脂で出したので底部がちょっと反ったけれどこれなら許容範囲内。

f:id:Imamura:20140709002744j:plain

これが
f:id:Imamura:20140709003015j:plain
こうなった
f:id:Imamura:20140709003158j:plain

0.5ミリのクリアランスがあってもぴったりはまった。いい感じです。

(8月26日記)