今日のツイート

Twitterを美しい日記本に:PDF版は無料 | WIRED VISION

「Twournalでの製本料金は、選ぶツイートの数によって15ドル〜30ドルだ(ツイートは全部を選択することもできるし、範囲を指定することもできる)。[800ツイート以下は15ドル、最大の2400から3200ツイートまでで30ドル。カラー写真が入ると45ドルから135ドル]」。写真を入れる場合、白黒なら5ドル追加。日本語に対応していたらすごい。

スターティアラボ、電子書籍作成ソフト「デジタリンクアクティブック」をAndroidに対応 - MdN Design Interactive - Webデザインとグラフィックの総合情報サイト

PDFからアプリに変換するソフト。「2010年12月から2011年1月をめどに」。

日本の電子書籍市場は消耗戦 ハード、サービスともに乱立気味 (1/2) : J-CASTニュース

「一般の新刊の電子書籍が米国のようにどんどん出されるわけではなく、『試験的に出してみた』程度でとどまっているという事情もある。誰も大きな声では言わないが、作家→出版社→印刷会社→取り次ぎ→書店という日本の強固な絆を崩してまで電子書籍に移行しようというインセンティブに乏しいためだ」。

電子書籍は著作物再販制の対象とならない―を考察してみる: 今だけ委員長の独りごと

今週の電子書籍&情報通信政策関連ニュース(2010.11.29〜12.04):『ビジネス2.0』の視点:ITmedia オルタナティブ・ブログ

電子書籍関連のニュースをダイジェスト。記事のURLが短縮URLのままだから、どこのニュースかわかりづらい。

Kindle3向け自炊本作成手順、(おれ的)ベストプラクティス - ただのにっき(2010-12-05)

ScanSnapのスキャン設定の紹介と、スキャンしたPDFのトリミングについて。トリミングはImageMagickを入れてシェルスクリプトでという話なのでWindowsだと難しいかも。

電子書籍化推進には賛成だが さすがにこれはいかんだろ

裁断済みの本をAmazonマーケットプレイスで売るのは規制すべき、という意見。コンディションが「非常に良い」なのはさすがに「可」が適当だと思うけれど、商品の説明がちゃんとしていれば別にいいのではと思う。リッピングしたCDを売るのと同じだから。

ソニー電子書籍Reader、実機体験会のお知らせ : ソニーショップの裏側で

大阪のソニーショップ里内(http://www.satouchi.com/)にて、発売翌日の12月11日に。今のところ実機を見られる場所は限られているので、こういうのはいいですね。

これによると、銀座のソニービルソニーストア名古屋、ソニーストア大阪で展示されているもよう。

「電子書籍の作り方、売り方」「電子書籍を出してみたよ」を読んでみたよ | 日刊オニマガ | abcdefg*recordのブログとポッドキャスト | ギターポップとインディーポップラジオ

電子書籍の作り方、売り方」はPDF版が980円、紙の本は1575円。「iPad向けにePubで作る方法と、Amazon Kindle向けに作る方法と、各種オンラインサービスを使う方法なんかが載ってます」。

電子書籍の作り方、売り方 iPad/Kindle/PDF対応版

電子書籍の作り方、売り方 iPad/Kindle/PDF対応版

電子書籍を出してみたよ」はiPhone/iPadアプリ。いま115円セール中。「こっちは自分たちで電子書籍を作ってAmazonで売ってみようって言う奮闘記のようなもの」「どっちかというとこっちを先に読んだ方がいいかも」。

[iPad, iPhone] BOOK☆WALKER: 角川グループの人気新書・ライトノベル・マンガなどが購入できる!!無料。3607

アプリにストアが同梱されていて、気が向いたらすぐ買えるのはやっぱりいいな。Sony Readerはそれができないのがつらい。GALAPAGOSはできます。