AUTOMATIC1111版Stable Diffusion Web UIの日本語化

これを日本語化する話です。

少し前に、AUTOMATIC1111版Stable Diffusion Web UI(以下1111版SD)の設定(Setting)に「Localization」という項目ができたことに気付いた。Wikiを見ると「Localization」のページもできていた。

「設定画面の一番下にローカライゼーション用のテンプレートをダウンロードするボタンがありますよ」だそうだ。ということは、このテンプレートファイルをダウンロードして編集すれば、メニューの各項目を日本語にできるようになったのだな。でも大変だな。誰かやってくれないかな…と他力本願でいたらやってくれた方がいた。ありがとうございます。

(2022年10月23日追記:この行の操作は不要になりました)上のURLにあるリンク「https://github.com/yuuki76/stable-diffusion-webui/raw/ja-translation/localizations/ja_JP.json」を、1111版SDのフォルダにある「localizations」フォルダ内にダウンロードする。

Web UIの「Settings」にある「Localization」の🔁をクリックし、「none」になっているプルダウンメニューから「ja_JP」を選択する。「Localization」が見つからなかったらStable Diffusionを最新版にアップデートする。

設定画面一番上の「Apply settings」をクリックして設定を保存してからStable Diffusionを再起動すると、日本語UIになっている。

ここで設定
こうなった1
こうなった2

これはすばらしい。yuuki76 (Kris Walton)さんありがとう。

最近の出力

こんなことをしています。

img2imgで名画を火星探査にしたり

昔のアメリカ車(よく見るとおかしい)の図鑑を見たり

illustration side view of cars 1960s
Steps: 20, Sampler: Euler a, CFG scale: 7, Seed: 2679594898, Size: 512x512, Model hash: 7460a6fa

雨の夜を走る男アクリル画を出したり

A skinny man in a trench coat and fedora hat running rainy night city neon lights acrylic painting
Steps: 120, Sampler: Euler a, CFG scale: 7, Seed: 621632043, Size: 512x512, Model hash: 7460a6fa

ところで、画像生成AIを使わずに描いたデジタル絵のことをどう呼んだらいいんでしょうね。「手で描いた」はもともとアナログ作画(物理的な紙に物理的な筆で描く)を指していたので混同してしまう。デジタル絵をAI使用/非使用で分類する言葉が必要になっている。

追記

10月23日の未明に、先ほどのプルリクエストがマージされた。これです。

自分でja_JP.jsonをダウンロードしなくても、1111版SDをアップデートすれば自動的に日本語を使えるようになった。Settingsでの日本語化の操作は上に書いた内容と同じです。