絶版本をアーカイブして売る « マガジン航[kɔː]

絶版がなくなることを目指して、以前の著書の電子化を出版社に打診した著者の話。本の最終的な印刷データは印刷所にあるのだけれど、電子書籍化などのためにデータを出版社や著者が再利用するには印刷所にお金を支払う、と書かれていた。そういうものなんだ。そのほかこまごまと、実際にやってみて出てきた反応や問題点が挙げられていて参考になる。

気になる販売部数は「紙では一万部以上売れたものが、電子書籍では数冊というところ」とあった。この記事で注目されてもう少し売れるかもしれないが、それでも紙の本より売れることはないだろう。今はまだそういう状況だということだ。

電子書籍の配信サービスとして使われているのは「Archive Book Place(アーカイヴ・ブック・プレイス)」。今のところここには、この記事の筆者である藤井誠二のほか、宮台真司石井政之などの著作が並んでいる。価格は500円から1000円くらい。古本屋で買うくらいならこちらで、と思えるくらいの値段になるよう値付けしていると感じた。

決済の方法は、銀行振込のほかPayPalも使えるようだ(ほかにもあるのかも。まとまったヘルプがほしい)。