我はいかにして電子書籍の抵抗勢力となりしか « マガジン航[kɔː]

印刷会社の人の言い分。「幸運な数社は電子書籍コンテンツ制作会社として残るかもしれないが、ほとんどの印刷会社はなすすべがない」、電子書籍があふれるようになると「出版社は、校正に万全を期し、確実に売れる部数を確実に出版するというきめこまかな編集や営業政策をとってきた。これが結果として書籍の質を高めてきた」というフィルタリングが機能しなくなる、という話。うーんそうですか。

我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す

我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す