電子書籍の「おまけ」 : 企画&リポート : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

電子書籍ならではの試みとして、カラーイラストやちょっとしたインタラクション、音楽やビデオメッセージなどが盛り込まれているという話。個人的にはおまけは文字通りおまけであって付録未満なくらいだから、そういうのがないとイカンみたいに考えなくてもいいように思う。(創作・表現上の理由でリッチなメディアにするのは全然問題ありません)