Snow LeopardにしたらParallels Desktop 5をキャンペーン価格で買わざるを得なくなった話

そういえば新しいParallelsが出てるなあと思い、今使っているParallelsを久しぶりに起動してみた。ら。

f:id:Imamura:20091108213419p:plain

Snow Leopardにしてから、一度もParallelsを起動しなかったのがばれてしまった。Parallelsを買ったころは家のWindows環境が貧弱だったのだけれど、今ではCore 2 Duo自作PCがあるからわざわざParallelsを使う必要がなくなっていたのだった。

でも、わざわざWindowsマシンを起動せずに、とても使い慣れたWZ Editorでテキストを編集できるならすごくいい。ということで、Parallels Desktopの最新版をダウンロード購入した。

ベクターでは、Parallels Desktopをお安く買えるフェアをやっている。いやそもそも、通常版でもずいぶん安くなってるのね。

Parallels Desktop発売記念特価(〜11月23日)

ベクターPCショップ|Parallels Desktop 5 for Mac
http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/parallels/

特別優待版が適用されるのは以下。

特別優待版は以下のいずれかに該当しているお客様を対象としたお得な製品です。

  • 他社製仮想化ソフトウェア(※1)をお持ちの方
  • 旧バージョンのParallels DesktopParallels Desktop for Mac のバージョン番号なし、内部バージョン2.x)をお持ちの方。(※ Parallels Desktop for Mac のバージョン3.0ならびに4.0はアップグレード版をお買い求め下さい。)
  • Intelプロセッサ搭載のMac本体またはMac OS Xを同時にご購入される方。
  • Parallels Desktop上で動作するOSを同時にご購入される方。
ベクターPCショップ|Parallels Desktop 5 for Mac

Intel Macになってから、仮想化ソフトで動かすWindowsは普通に使える軽さになった。Mac標準の機能「Boot Camp」でデュアルブートにしてもよいけれど、Mac OSWindowsを同時に使えるととても便利だ。いやまあそれは人によってかも。

メインマシンはMacだけれど、Windowsのこのソフトも同時に使いたいというあなたにぜひ。

こんな感じになります。

f:id:Imamura:20091109114741p:plain