電子書籍、粗製濫造の世界へようこそ : アゴラ - ライブドアブログ

誰でも(編集の手を経ずに)出せるのが電子書籍。だから粗製濫造になる。電子書籍の市場がまだ小さくて、外部の編集者を雇うほどの予算をかけられない中、小説投稿サイト「エブリスタ」を紹介。ここでは有料で著名な作家の書き下ろしが読める。有川浩大沢在昌など「すべて“紙でも発行できる”作家たちである。それにも関わらず携帯電話だけでのサービスに書き下ろしている」。