いまこそKindleが面白い - 記者の眼:ITpro

「(Kindleは)サイズと重量がほど良く、機能とサービスのバランスが実用的。まだ日本語書籍は数えるほどしか販売されておらず、日本語入力も困難だが、青空文庫IPAフォントを活用した有志のおかげで、面白い日本語環境が出来上がりつつある」ということで、文書変換や青空キンドル、英英辞典の英辞郎への差し替えなど、Kindleならではの使い方を紹介。

「面白いのは、パソコンからKindleへの手軽な転送手段として電子メールを使えることだ。ファイルを電子メールに添付して『ユーザー名@free.kindle.com』あてに送ると、しばらく後に到着し、他の電子書籍に交じってファイルが現れる」。

こういうことがすでにKindleでできているのに、日本であとから発売されたあれやこれやはそれすらできない…となっちゃいますが。