大西 宏のマーケティング・エッセンス : 電子書籍普及の鍵はフォーマット統一ではないと思う - ライブドアブログ

「不便さを感じるのは、電子書籍であれば欲しい機能の不足です。たとえば著作権保護を重視しすぎるあまりに部分的なコピーすらできなくなっているとか、マーカーの機能を持たないものがあるとかなど」、ビジネス書が出ない、など。

また宝島社の「反・電子書籍」というスローガンは書店向けで、それは電子書籍の時代になったら「本以外のものも積極的に売りましょう」というメッセージとセットであるとの見方。