「マイナーであればあるほど、モノは売れると思います」:日経ビジネスオンライン

「“電書部”米光一成氏דインコ編集長”タカギタイキチロウ氏対談 その1」。

↑にも出てきたインコスフィアをベースに、編集の源流をたどり直す話。面白い。インコ好きのタカギ氏は商才がある。インコグッズへのクレーム電話に対して「『ところで今、インコを飼っていらっしゃるんですか』と聞いてみる」。これができるのがすごい。