『コダワリ人のおもちゃ箱』、「理系白書ブログ」で紹介されました

【元記事:『コダワリ人のおもちゃ箱』、「理系白書ブログ」で紹介されました:d:id:manpukuya:20070413:rikei

[画像:『コダワリ人のおもちゃ箱』書影]松浦晋也さんの『コダワリ人のおもちゃ箱』(ISBN:9784767803296)を「理系白書」の元村有希子記者にお送りしたところ、「理系白書ブログ」でご紹介いただきました。ありがとうございます。

ご存知サイエンスライターの松浦さんが、いろんなことに熱中している人を訪ね歩いたルポである。世界一精密なプラネタリウムメガスター」を自室で作った大平貴之さん(理系白書でも紹介)、リッター4000キロ走る車を作っている中根久典さん、わずか10センチ角のサイコロ衛星「キューブサット」を学生と一緒に作って宇宙に飛ばす挑戦をしている中須賀真一さんらが登場。好きなことをやっている人というのは目が輝いている。彼らに直接会って話を聴ける商売も、おもしろいと思う。

理系白書ブログ: いただいた本

この記事で、『コダワリ人のおもちゃ箱』のほかに紹介されている本:

ISBN:9784773502008:detail:small

ISBNがついていて、bk1などほかのネット書店にも入ってはいるけれどAmazonには(今のところ)情報がない、という本がいくつかある。

[ISBN:9784817603166]」は『世界の砂漠―その自然・文化・人間』(堀信行・菊地俊夫編著/二宮書店)。

二宮書店は、新刊案内や関連情報をブログで提供していますね(→「二宮書店公式ブログ)。RSSリーダーを使えば、新情報をすぐに知ることができて便利。こういうしくみはもっと広がってほしい。

[ISBN:9784773502008]」は『子どもの学力 教師の学力』(板倉聖宣著/仮説社)。

仮説社の商品ページはフレームの中にあって、これはこれで便利なこともあるけれど、各商品の固定リンクがわかりづらいのがいまひとつ。

追記:

タイミングよく、こんな記事を見つけたので即クリック。

でも、ここで紹介されていたのは古書サイトでした…。