とり・みきのオジギビト研究本

街角のオジギビト

街角のオジギビト

20年の蓄積がいま本に。筑摩書房は、路上観察學会の記録を残すのに熱心ですばらしい。

オジギビト研究はもともと、雑誌連載だったエッセイマンガ「愛のさかあがり」で始まっている。

その集大成が今回の本か。「愛のさかあがり」は今は絶版のようだけれど、オジギビト関連や「痛い話」シリーズなんかは今読んでも十分面白いと思う。