ビート膝

【元記事:ビート膝:d:id:manpukuya:20041123:beat

数年前から、車を運転するとしばらく右膝が痛むようになり、さらにこのところ、運転後の痛みが長引くようになっていた。そして先日、運転をしていないのに朝から膝が痛むので、いよいよ病院の整形外科へ。薬(ロキソニン60mgとムコスタ100mg)と湿布をもらい、少しよくなったような気がする。とはいえ、レントゲンを見た医師には「その年齢でこの変形はなかなかない(=年寄りの変形した膝に、通常よりも早く近づいている)」と言われたから、どうも「治る」というより「悪くしない」ことしかできないようだ。軟骨は十分残っているらしいのが幸いではある。

こうなった原因は車の運転であり、4年前から運転している車はホンダのビートである。ビートは小さい車であり、ビートの運転席は狭い。つまりビートが自分の体格に合わなかったということだ。

ビートは自分にとって3台目の車であり、初めて自分の希望で買った車だった。それまでは、人から譲ってもらったり紹介してもらったりしていたのだが、次は自分が欲しい車を買おうと考えて決めたのだった。

ビートは、運転する楽しみをたくさん感じさせてくれる。車内には、常にエンジン音が満ちている。車高が低いから、60kmでもお手軽に迫力を得られる。そして幌を開いたときの解放感。荷物はほとんど積めないが、それはそれとしてとにかく楽しい車なのだ。

しかし、このままビートを運転し続けると、膝はますます悪くなるだろう。好きな車を運転するほど膝が悪くなる。ビートはいつかは手放すことになるだろうとは思っていたが、こんなに早く、こんな事情で思うように運転できなくなるとは想像もしなかった。これはかなり悲しい。

今後も膝関連の記事が出てくると考えて、「膝」カテゴリを設定。