ハロウィーンのコンドームTシャツで停学、は正しいか(海外ボツ!News・03/11/05付)

http://www5.big.or.jp/~hellcat/news/0311/05a.html

ハロウィンの仮装として、コンドームをたくさん付けたTシャツを高校に着てきた女生徒がいる。コンドームは取り外せるようになっており、「はがして持って行って」と周囲に話した。そして彼女は停学処分になったという。この話はいくつかのメディアで紹介されていたので、ご存じの方も多いだろう。

上の記事によると、校長はこう言ったそうだ。「コンドームを渡すってことは、セックスをしていると認めることなんだぞ。本校は原則的にセックスを禁止しているんだ!」

しかし、一部のメディアは、彼女の母親がHIVキャリアであることは伝えなかった。

この事実を知ると、この一件への印象がまったく変わるのではないだろうか。彼女は、友人たちの安全を心から願って、このファッションを選んだのだ。

女生徒はこう言ったという。「金曜日は、ハロウィーンだし、大きなフットボールの試合があったんです。その後、みんなパーティに行きますよね。セックスをしている友達はたくさんいます。だから、もしやるんなら、安全に気をつけてね、と言いたかったんです」