84850.3km+11.8km=84862.1km

元記事

机の下に納める棚の大きさを決めるためのパズルは、困難を極めた。試行錯誤の末、PC1台とスキャナを棚から横へ少しはみ出させることでなんとか入りそうな結果が出た。しかし余裕はわずかしかない。念のため巻き尺を持って、ホームセンターへ行く。
 やられた。スキャナの奥行きが44cmであるのに対し棚の奥行きは46cmで、数字の上では納まることになるのだが、スキャナがはみ出すとなると支柱の太さを勘案しなければならない。果たして柱の太さは3cmあり、棚の奥行きの実効は計ってみると40cmしかないのだった。これでは、スキャナを横にはみ出させて置くことはできない。
 この棚ではだめだ。
 もう一回り大きな棚は注文になるが、これならスキャナなどをはみ出させたりすることなく、すべてを納めることができる。これに決めるべく、棚の各部の寸法をとってみた。すると今度は、高さに問題があるとわかった。
 机の下には、高さ55cmの空間がある。モニタの高さは35cm、その下の段に入れるPCの高さは15cmである。棚板の厚みが3cmで2枚あるので、これだけでもう56cmになってしまうのだった。実際にはさらに、最下部の棚板と床の間に最低でも5cmが必要で、これで61cmとなってしまう。つまり、このモニタとこのPCを棚に入れてしまうと、それでもう机の下には入らなくなってしまうのだ。最初に決めていた棚への入れ方に、すでにこの問題があったことになる。棚への入れ方から考え直さねばならない。
 パズルはふりだしに戻った。
 今日はここまでで頭が疲れ果ててしまった。別の棚のカタログをもらい帰宅。