おすすめライフログアプリ「僕の来た道」

Yahoo! の位置情報関連のiPhoneアプリで「僕の来た道」というのがあって、これがなかなかよい。

僕の来た道

僕の来た道

  • 毎回アプリを立ち上げる必要なし!訪れた場所、滞在時間などを自動記録
  • 味気ない行動ログを日記スタイルでわかりやすく表示
  • 電池消費を気にせず使える省エネ設計
  • 行動ログはアプリ内に保存されるので安心
僕の来た道 - LatLongLab

実際、ずっと測位させたままでも電池の減りはほとんど変わらないと感じる。

今どこにいますよーみたいな情報を公開するサービスとしては、foursquareや「はてなココ」などがある。でも自分の場合、単にいつどこに行ったかの記録を取りたいだけで、そのことを人に見せたいとはあまり思わない。

それに「僕の来た道」はおおまかな移動を自動的に記録してくれるから、どこかに着くたびいちいちアプリを起動する必要がないのがよい。一方で、今どこにいるかをTwitterなどに流したくなった場合も、このアプリから投稿できる。

ライフログを取りたい自分にとって、これはなかなかうまくフィットするアプリなのだった。

あとはEvernoteに転送した記録を1年後とかにふり返る方法を考えたい。ああやってこうすればいいかなー。

ほかにもアプリへの希望はいくつかある。といっても便利さのほうがずっと上なので使い続けるつもり。

僕の来た道」への要望(公式サイトから提出済み)

Evernoteへの転送について
  • Evernoteの特定のノートブックへ転送する設定がほしい→その後実装された
  • Evernoteへ転送していない日をまとめて転送する方法がほしい。Evetnoteへ転送済みの日には履歴一覧でマークがつくような方法でも可
測位の精度について

家から出なかった日でも、GPSの測位の結果あちこちへ移動したものとして記録されることがある。誤差がたまっていって、移動距離0キロの日なのに10キロ以上移動したことになったりする。これをなんとかしたい。

  • 自宅や職場などを登録し、そこにいる間はGPSの測位上の移動があっても同じ場所にいるものとして記録してほしい
    • 具体的な方法:自宅などを登録する画面を設け、周囲の無線LANアクセスポイントのSSIDを取得。次回測位時、取得済みのSSID名をいくつか検出したら自宅(など)にいると判断する、など
    • 単に無線LAN接続時に自宅(など)と判断する方法では、モバイル用の無線LANルータを使う場合にうまくない。→「このアクセスポイントに接続しているときは自宅と判断」などのチェックボックスを設ける方法でもいいかも

関連記事