「ラブひな」170万ダウンロード突破の衝撃:Jコミで扉を開けた男“漫画屋”赤松健――その現在、過去、未来(前編) (1/4) - ITmedia eBook USER

かなり長くて面白いインタビュー。先日の記者会見の前に収録されたもの。

一部の巻のみ無料にしないのはコレクターの心理をかんがみて。マンガのページ内に広告を入れないのは自分がいやだから。広告の動的な入れ換えをしないのは自分のコレクションにあれこれされたくないから。

いろいろな発言を見ていると、赤松健という人は読者、消費者の心理を実によく理解していると思う。田中圭一との関わりも面白いです。明日公開予定という後編にも期待。