Mac OS X 10.6.3で「システム環境設定」の一部が変更された

先日、Mac OS Xの10.6.3がリリースされた。インストールしたら、「ディスプレイ」のシステム環境設定内にある「ディスプレイの検出」ボタンを押すAppleScriptが動かなくなってしまった。

こんなエラーメッセージが出るようになった。

f:id:Imamura:20100404160024p:plain

「ディスプレイ」のシステム環境設定をよく見ると、ボタンの配置が変わっている。

10.6.2の「ディスプレイ」システム環境設定
f:id:Imamura:20100404162605p:plain
10.6.3の「ディスプレイ」システム環境設定
f:id:Imamura:20100404163401p:plain

内部的にもボタンの位置づけが変わってしまったために、AppleScriptで「ディスプレイの検出」ボタンを見つけられなくなってしまったのだろう。

こんなふうに変更したら動くようになった。

tell application "System Preferences"
	activate
	set current pane to pane id "com.apple.preference.displays"
end tell

tell application "System Events"
	tell process "System Preferences"
		click radio button "ディスプレイ" of tab group 1 of window "LCD-MF221X" --「ディスプレイ/調整/カラー」の最初のペイン「ディスプレイ」を選択
		tell window 1
			--tell group 1 of tab group 1(この行をコメントアウトした)
			click button "ディスプレイを検出"
			--end tell(この行をコメントアウトした)
		end tell

	end tell
end tell

quit application "System Preferences"