ウィルコム無線LANオプションがつながらないときの注意点

【元記事:ウィルコム無線LANオプションがつながらないときの注意点:d:id:manpukuya:20070910:wireless

Advanced/W-ZERO3[es]無線LANでも通信できる。で、「ウィルコム無線LANオプション」というサービスがあって、HOTSPOTという無線LANサービスのアクセスポイントを利用できる。

今月いっぱいはお得なサービス期間として、申し込み手数料(1500円)が無料、使用料(月額700円)も31日間無料というので申し込んでみた。

ところが、「無線LAN接続切替ツール」でIDとパスワードを設定しても、いざHOTSPOTエリアで使おうとすると「IDかパスワードが違います」と出てきてしまう。そこでIDとパスワードを入れてもやっぱり「違います」。

申し込んでから使えるようになるまで、数時間とか数日とかかかるわけではない。公式ページには「お申し込み後、すぐにご利用いただけます。」と出ている。

申し込んだときに、IDかパスワードを聞き間違えたのだろうか。サポートに電話してみた。

しかし「IDとパスワードは間違っていませんね」という。「ここではこれ以上わからないので、無線LANサービス専用のサポートにおつなぎします」となった。

出てきた担当の人に、もう一度IDとパスワードを復唱した。

「正しいユーザーIDは、そのIDのあとに『@willcombb.com』とつけたものです」。あっさり。

正確には、申し込んだときに聞いたユーザーID「@ほえほえ」はそのままでは使えず、「ほえほえ@willcombb.com」が本当のユーザーIDなのだそうだ。なんじゃそりゃー。

どうやら、申し込みの受付や最初のサポートダイヤルに出るオペレーターの人の画面には、「ユーザーID:@ほえほえ」と出ているらしい。オペレーターさんは当然、それをそのままユーザーに伝える。「つながりません」と確認の問い合わせが来たら、画面の「ユーザーID:@ほえほえ」を見て「それで正しいです」と答えているようだ。なんということだ。

申し込んでからこのことがわかるまで、結局2日かかった。そこでこうもちかけてみた。

「そちらから伺ったユーザーIDが間違っていたため、申し込みから使用開始まで2日かかった。31日間の無料期間の開始日を2日ずらして、今日にできませんか」。

2日くらいいいじゃないの、ちょっとケチくさいんじゃないの、と思うだろうか。

でも「ミスの結果、身銭を切ることになった」というくらいの体験をしないと、状況は改善されないんじゃないだろうか。

社内で相談してすぐに折り返します、というので、待っている間に同じような話がないか検索してみた。

サポートに連絡。IDとパスワードを確認するが間違いなし。がっ、そこでIDの後に@willcombb.comは付けていますか?と聞かれる。また、裏技か?と聞いてみると、これは必ず必要になりますとのこと。えー、聞いてないよ。無線LANを申し込んでIDとパスワードをもらったときにも一言も聞いてないし、その後サポートに問い合わせたときにもそんな話は全く出ませんでした。それを付けるとあっさり接続出来ました。

やっとホットスポットに繋がったけど|クリエとアドエスとランニングを楽しむブログ

いらっしゃいました、まったく同じパターン。しかもこの記事は8月1日と、一ヶ月以上前にアップされている。ウィルコムはこの間、ずっと間違ったユーザーIDを伝えていた可能性がある。これはひどい。今日までに無線LANオプションを申し込んだ人は、ちゃんと接続できているのか心配になった。

ウィルコムから電話があった。「申込日を2日ずらしました、どうもすみません」。

このあと無線LANオプションを申し込む人に、間違ったユーザーIDを伝えないよう、くれぐれもお願いしておいた。

そんなこんなで、やっと無線LANオプションを使って接続できるようになった。よかったよかった。

以上、「ウィルコム無線LANオプションに申し込んだのに、うまくつながらない」という方の参考になれば。

現在の問題

HOTSPOTにはつながるようになったものの、まだ問題が残っている。どうやら「無線LAN接続切替ツール」を起動しているときでないと、HOTSPOTの電波を受信できないようなのだ。

自宅の無線LANではそんなことはなくて、端末の無線LANのスイッチを入れればすぐにつながる。

なにが違うのか、面倒だけれどもうちょっと調べてみよう。

Ad[es]が空気のような存在になるには、もう少し時間がかかりそうだ。

  • →「Ad[es]を早く空気のような存在にしたい」(d:id:Imamura:20070821:ades):PDAに求める「普通に使える」感をiPhoneが実現しているという、とてもうらやましい話。