「Start Mac体験モニター」第2弾募集開始

【元記事:「Start Mac体験モニター」第2弾募集開始:d:id:manpukuya:20070328:startmac

[画像:Start Mac体験モニター第2弾]私は今、アップルの「Start Mac体験モニター」に参加しています。アップルはどうやら、このプログラムに手ごたえを感じたようです。「第2弾」として、50人のモニターの募集が新しく始まりました。

Start Mac体験モニターの「第2弾」で変わったところ

現在行われている「体験モニター」と「第2弾」では、プログラムの内容や応募の条件がちょっと変わったようです。気がつく限りで挙げてみます。

Macユーザーお断り
これが一番大きいでしょう。「第2弾」では、「現在Macを使っていない方」という条件が出ました。現在の体験モニターでは「羊パパ」さんなど、Macに詳しい方がいろいろと便利な使い方を紹介してくれて、とても参考になりました(→「メタルギター by 羊パパ[StartMac体験モニター]カテゴリ」)。「第2弾」ではモニターの中にコアなMacユーザーがいないことになるので、アップル側でいろいろとフォローが必要になると思います。それこそcommandキーがどこにあるかといった基本から、スマートフォルダなどWindowsにない、もしくはWindowsとは概念が違う機能について、アップルは面倒がらずに積極的に情報提供するべきだと思います。(※「主要都市のApple Storeにてプライベートレッスンを受講いただけますのでまったくMacを使ったことがない方でも安心です。」だけですませずに!)
ブログパーツの設置
アップルが、「Start Mac体験モニター」を積極的にアピールする姿勢が伺えてナイスです。はてなダイアリーブログパーツに対応していませんが、「それならそれでもOK」と読めますので大丈夫でしょう。
「譲渡」を最初からうたう
前回は、モニター完遂後のMacがどうなるのか、オリエンテーションまで明かされずやきもきさせられました。
更新pingの送信
現在の体験モニターでは、「Modern Syntax」さんによって「We Start Mac - トラックバック・ピープルが用意されました。第2弾ではアップルが自らこういう場所を用意してくれます。ということは、更新pingの受け取り先がRSSを発行してくれれば(発行してくれるでしょう)、モニターの皆さんのRSSを一覧する「mpk::RSSs - Start Mac体験モニターを誰でも簡単に作れますね。
モニター機はiMac/MacBookだけじゃない?
現在の体験モニターでは、モニターに20インチiMacか、またはMacBookが提供されました。今回の公式ページには、これらのほかにMac miniMacBook Pro(旧PowerBook)、Mac Pro(旧Power Mac)も出ています。これはハイエンド機の提供もありうるってことでしょうか? うらやましい〜。(念のため、現在の「体験モニター」ではモニター機こそiMacMacBookのみでしたが、メモリは最大の2GBに増設して提供されました)

応募フォームがけっこうたくさんあって大変ですが、ここはちゃんと書くことを強くおすすめします。特に「Macでやってみたい事」(400字)がキモだと思います。(前回の応募フォームでは、「人になにかを勧めたりした体験について」や「ふだん読んでいる雑誌」のような設問もありました)

逆に言えば、有名なブログやアクセス数が多いブログでなくても、応募フォームでアップルの担当さんを引きつけることができれば、モニターをさせてくれるでしょう。実際アップルの方は、「応募された方のブログは全部見た」とおっしゃってました。

私のこのブログも、「有名ブログ」だなんてとてもとても…なのに、設問をがんばって書いたおかげかモニターに選ばれましたからね。

Macはすばらしいコンピューティング体験をもたらしてくれるのだけれど、そのことがまだまだ知られていません。

前にも書きましたが、ふだんWindowsを使っていると、パソコンが「うれしい」体験をもたらしてくれるかどうかなんて、考えもしないでしょう。しかしMacにはこの不思議な「うれしさ」があります。信じられないかもしれませんが本当です。

どうしてもWindowsでないとできないことがあれば、ParallelsやBootCampにWindowsを載せれば、実用的な速度で使えます。

この機会に、ぜひMacを使ってみることをおすすめします。

この日記の関連記事