ヒヤリ・ハットが流行中

ニュースで、そういう話をやっていた。

交通事故には至らないまでも、危うく事故になるところだったという「ヒヤリ・ハット」のケースがある。タクシーにカメラをつけておいてそういう事例を収集し、事故を減らすのに役立てているそうだ。

ほかにも、病院や原発など、うっかりミスが重大な事故に結びつきやすい現場で、ヒヤリ・ハット事例の情報交換が行われるようになってきている。

といった話をぼんやりと聞きつつ、「『ヒヤリ・ハット』は語感が面白いなあ」などと考えていた。

ふと、阿藤快←→加藤あい、のような1文字入れ替え(別名「松平健」)を「ヒヤリ・ハット」でやってみた。

  • ヒヤリ・ハット←→ハヤリ・ヒット=流行り・ヒット

なんと、「ヒヤリ・ハット」の文字を入れ替えると「流行ってる、ヒットしてる」になるではないか。「ヒヤリ・ハット」は、流行することを約束された運命の言葉なのか。

「ヒヤリ・ハットがハヤリ・ヒット」。おおー、これはなんかいい感じだ。

とか思いながら、まじめな顔でニュースを見る夜。