きになる本『2005年のロケットボーイズ』『宇宙の歩き方』

【元記事:きになる本『2005年のロケットボーイズ』『宇宙の歩き方』:d:id:manpukuya:20050729:book

新刊案内を見ていて、気になった本。

[書影:2005年のロケットボーイズ]2005年のロケットボーイズ
五十嵐貴久・著、双葉社、1680円、ISBN:4575235318bk1](高校生がキューブサットを作る話らしい。「キューブサット」が一般名詞として出てくることに驚き)
[書影:宇宙の歩き方]宇宙の歩き方
林公代・著、ランダムハウス講談社、1680円、ISBN:4270000899bk1](「地球の歩き方」ノリの宇宙旅行ガイド。A5判126ページという分量はちょうどよく感じる。気になるのは表紙のイラストで、和田誠のようだけれど和田誠はこういう手の描き方はしないようにも思う)