『電車男』の舞台裏(組版男編・赤ペン男編)

【元記事:『電車男』の舞台裏(組版男編赤ペン男編):d:id:manpukuya:20041102:trainman

d:id:Imamura:20041030:trainmanの続き。『電車男』(ISBN:4104715018)のアスキーアート(AA)処理について、新潮社の特設サイトに説明があった。

それによると、MS PゴシックのAAをPDFにして、InDesign(という組み版ソフト)に流し込んだそうだ。「本文と同じMACのフォントだと表情が変わってしまうため、一つずつMSゴシックに変換してもらい、巨大なものは行数と縮小率の計算を何度もやり直してようやく収まりました」とのこと。そりゃ大変。お疲れさまでした。