ワールドビジネスサテライトで、青山ブックセンター復活の密着レポート

f:id:manpukuya:20040915134901j:plain

内容を、数字を中心にざっと紹介。

  • ABCは、親会社の経営不振で営業停止になっていた。支援に乗り出した洋販は、洋書取次の最大手。賀川洋社長が登場
  • ABCの存続を求める署名は、1000通以上集まった
  • 営業停止前の7店舗から、青山、六本木の2店舗で営業を再開することにした
  • 1999年に2万2千あった書店は、2004年には1万8千にまで減っている(アルメディア調べ)
  • 社員を前に経営方針を語る賀川社長「ABCならではの色、個性を出してほしい。が同時に、書棚から利益を上げていかないといけない。そういうことができる社員が育てば、書店再生のよいモデルになる」
  • 棚ごとに責任者を任命、予算配分・仕入れ方法・値段交渉などを一任。書店としては異例のこと
  • 仕入れも工夫。通常は出版社→取次→書店というルートだが、売れ残っても返品しない(筆者註:「買い切り」)というリスクを負う分、安く仕入れるという方法を増やしていくことにした
  • 洋販での成功事例も採用。洋書のペーパーバックに「TOEIC600」などのシールを貼る。「この本は、TOEIC600点の人なら読める」という指針。「2月に始めて、大当たり」(賀川社長)
  • 「棚ごとに、一人一人がミニ経営者にならないと、会社は活性化できない」(賀川社長)
  • サイン会よりもイベントに力を入れる。たとえば荒木経惟氏のトークショー。長年続けてきた独自色の強いイベントが、ABCのブランドを確立してきた
  • 書店の利益率は通常、20%程度。ABCはさまざまな工夫で28%を目指す
  • 「個性を残しながら、一般の読者をどれだけつかめるかが勝負」(賀川社長)
  • スタジオのコメンテーター「本には再販制度があるため、値下げ以外の付加価値が必要。書店数が減ってはいるが、書店の利益が上がらないわけではない。個性ある品揃え、大規模化、イベントなどのサービスで、きっちり利益を上げているところもある」

ABCには、いま「9/29 Re-OPEN」の貼り紙が出ている。「これをじっと見つめているお客様がいらっしゃるんですよ」(賀川社長とおぼしき声)と言われてドキッ。画面にはそういう人が何人も出てくる。自分も出てきてしまうのではないかとヒヤヒヤした。