時速430キロのリニアモーターカーから携帯?(ITmedia・04/05/06付)

これも携帯電話ネタだが、個人的な本題はリニアモーターカー。上海ではすでに商用運転されているそうで驚き。30キロメートルの距離を約7分間で移動する運賃が約650円とのことで、ちょっとお高い。でも、時速431キロメートルの世界を味わえるなら乗ってみたいものだ。

そういえばJR東海の試験走行体験の申し込みはどうなっているかな、と「リニア試乗会情報」を見てみたら、募集開始を知らせるメールをくれるサービスが提供されていた。即登録。

こういう、「お知らせができたらメールします」サービス、最近増えていると感じる。実際便利だ。そしてこれは、あのいまわしき「プッシュ配信技術」の一種なのだった。1997年頃もてはやされたものの、当時は常時接続など夢また夢だったため大コケし「黒歴史」と化した。常時接続が一般的になった今になってようやく現実的になり、便利に花開いている。