99/02/09 (Tue.)

元記事:ただ日記−99/02/09 (Tue.)】

行きましたよローソン。といいますか、ローソンといいますと自分にとって心理的にも物理的にもはるか遠いコンビニでありまして、さあ行こうと決意しなければ行かないようなところにしか存在しないのであります。普段の行動領域にあるコンビニといえば、ファミマ、ブンブン、アンパン、サンクスくらいでして。あ、答えはファミリーマートセブンイレブンampm、サンクスです。最後のはちょっと簡単だったかな。
 ともかく、ローソンに行きましたよ。ありましたよ『Internet Life!』。点取占いもちゃんと載ってましたよ。当たり前ですよ。
 ところで。最近世間では2000年問題に関する話がかまびすしい。しかし、それよりももっと恐ろしい問題があるのだ。それは2000円問題。あらゆるものが2000円になってしまうのだ。ジュース1本2000円。iMacも2000円。のらくろガムも2000円。JR初乗り2000円。マンション2000円。庭付き一戸建て2000円。1000円札は2000円、10円玉も2000円。給料2000円。ボーナス2000円。年俸制の人は年収2000円。一方バイトくんは時給2000円。内職の造花1本2000円。これでは世の中めちゃめちゃだ。こんな大変な問題が今まで見過ごされてきたとは。ほかに2000円問題を扱っているサイトはないのか。あった!「郵政省の景気対策臨時緊急特別枠要望施策(案)について」だ。この文書のほぼ最後、「6.その他<83億円> 1.コンピュター西暦2000年問題への対応(4億円)」の項に、「電気通信西暦2000円問題」とある。これだ。(郵政省サイトにあるオリジナルではちゃんと「電気通信西暦2000年問題」になっているから、書写ミスのようです)
 あと、「www.noriko.com」というイカドメイン名のサイトにも、2000円問題への言及が。やはり大変なことになっているようである。早急に対策を講じなければ、取り返しのつかないことになるだろう。と書いていると、なんだか五島勉になった気分だ。いろんな意味で。そんなこと言っちゃいけないか。