2013年度の人間ドック

今年度は申し込むのが遅くなって年内には受診できず年明けになった。次は書類が届いたら早めに申し込もう。申し込み手続きのために数日前に病院へ行ったときに勧められて、今年は前立腺がんを見つけるPSA検査というのも合わせて申し込んだ。ほかにピロリ菌の検査もできるとのことだったがこちらは断った。

大腸の内視鏡検査だと前日から食事制限が入るが、人間ドックでは前日21時までにすませればよい。

当日の検査項目は順不同で胃カメラ、胸部レントゲン、心電図、尿検査、採血、身長と体重、視力、眼底写真など。

胃カメラは鼻から入れるタイプを選んだ。鼻からで問題がある人は従来からの口からのを選んでもよい。人間ドックで一番つらいのは胃カメラで、次は採血。その次はずっと下がって、まぶしい光を浴びせられる眼底写真といったところ。

尿検査ではサンプルを採取した紙コップを棚に置く。すでに置かれていた紙コップのひとつは内側に赤い点が見え、それが尿らしくない色だったのでつい覗き込んだらサンプル全体がまっかっかでこれぞザ・血尿でありぞわぞわしてきた。本人はぞわぞわするどころではないだろうと思うとますますぞわぞわした。

ひと通り終えて問診。「血液検査の値が悪くなっているのは前回から体重が増えた分でしょう。ダイエットすれば戻るものと思います」とのこと。去年は生活パターンが変わったり仕事がかなり忙しかったりで、ストレスから食べる量が増えたことを自覚している。その結果、体重は自分でもさすがにまずいと思う領域に一瞬入ってしまった。節制します。あと運動。

前回は眼底写真と便の検査で再検査となったが、今回は再検査はなし。これはよかった。

かかった金額は人間ドックが9,450円、PSAが2,500円で合計11,950円だった。来年はPSAはしなくてもいいかな。

過去の人間ドック一覧

(2月11日記)