現時点のJコミは「単行本が出せる程度の商業的成功を収めている作品」にしか目が向いていないから胡散臭い - 甘くておいしいおイモだよー - 断片部

えーそうかなあ。収益を生まななくなった死蔵コンテンツが日の目を見るようになるのは悪いことではないと思う。もちろんJコミ内での評判はあるから、たくさんの作品が掲載されたときに埋もれてしまうものも出てくるだろうけれどそれはまた別のことだ。

そして赤松健自身からコメントが。「http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20101114/p1を読んでいただければ」とのこと。