【山田祥平のRe:config.sys】 この自炊の虚しさは誰にぶつければよいのか

PCとiPadのどちらで、自炊した電子書籍を読むか。適材適所という話と、そして「それにしても、本を自炊するたびに感じるのは、なぜ、こうしたコンテンツが標準的なフォーマットで流通していないのかという事実に対する苛立ちだ」という話に。