BSや地上デジタルを見られないあなたのテレビに分波器をつないでみては

「最近テレビを買ったのに、地上波(とケーブルテレビ)しか見られない」という人が、周囲にけっこういるような気がする。

「最近」といっても数年前から、ちょっと高機能なテレビなら、ブラウン管テレビであってもBS放送や地上波デジタルのチューナーが内蔵されているはずだ。でもこれらの放送がテレビに映らない、そしてテレビのコンセント(同軸ケーブル)は壁に1つだけ。そんなときは分波器なのだ。

たとえば、テレビ側の入力端子が「CS/BS」と「UHF/VHF」に分かれているなら、「CS/BS・UHF/VHFの分波器」をつないでみたらいいはず。「CS/BS」端子からはその名の通りBS放送CS放送、UHF/VHF端子からは地上デジタル放送+U局のアナログ放送(UHF)+地上アナログ放送(VHF)の電波が出てくる。

たとえばこんなの↓

DXアンテナ CS/BS・UHF/VHF分波器 SPR-10-B

DXアンテナ CS/BS・UHF/VHF分波器 SPR-10-B

  • メディア: エレクトロニクス

もうひとつ、テレビ側の入力端子が「CS/BS」「UHF」「VHF」と3つに分かれている機種もあるようだ。自分のテレビがどちらなのかは、テレビの説明書の「アンテナのつなぎ方」といったあたりを見る。使っているテレビに必要な分波器が2出力なのか、それとも3出力なのかがわかるだろう。

3分波器の例↓

中身はこんな↓

B000IC6YHS

詳しく説明しているサイト「ボクにもわかる地上デジタル
http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/
この中の「ボクにもわかる地上デジタル - 地デジ導入編 - 設置の基礎」と「ボクにもわかる地上デジタル - 地デジ導入編 - アンテナ部品の基礎」のあたりが、受信できる放送とアンテナの関係を詳しく説明している。

BS1では海外の秀作ドキュメンタリーや大リーグが、BS2では映画がたくさん放送されており、BS hiでは美しい映像を堪能できる。BS11ではいま、エヴァンゲリオンや最初のガンダムを放送している。地上デジタル放送は、今まで見ていたテレビが基本的に全部美しいハイビジョンになる(HDカメラを使わずに撮影している「タモリ倶楽部」などは別ですが)。アニメくっきり言うことなし、料理すっかり食うものなし。

BSデジタルも地上デジタルも、録画がコピーワンスになってしまうのは残念だけれど、ニュースでもハイビジョンで見るとVTRの情報量がものすごく増えてとてもいい。これらの放送を、映せるのに映していないあなたにぜひ。

アマゾンで「分波器」を検索した結果