「春のめざめ」のチケットを買わせないローソンの陰謀を暴く!!!

【元記事:「春のめざめ」のチケットを買わせないローソンの陰謀を暴く!!!:d:id:manpukuya:20070313:lawson

スタジオジブリが配給する油絵アニメーション「春のめざめ」が、3月17日(土)からシネマ・アンジェリカで公開される。

先日「リトル・ミス・サンシャイン」を観にシネマ・アンジェリカへ行ったときに聞いたところ、「春のめざめ」の前売券は劇場では売っておらず、ローソンの端末やチケットぴあで買ってほしいとのことだった。

ローソンへ行ってみた。

[画像:三鷹の森ジブリ美術館 第1回提供作品「春のめざめ」 - ローソン]店に近づくと、「春のめざめ」のポスターがドアに貼られているのに気がついた。ポスターの右下には、この前売券のコード番号が書かれている。番号を店内の端末に入力すれば、そのチケットを買う手続きにすぐ進める。

コード番号を見ようとドアに近づくと…。

人が来たことに気づいた自動ドアがガーと開いて、ポスターは見えなくなった。そんな〜。

ドアから少し離れて、自動ドアが閉まるのを待つ。しかし後ろから別の人が店に入ったため、自動ドアは開いたままだ。この人にとっては「ドアが開いていてラッキー」かもしれない。しかし。

もう少し待つ。また別の人が店に入っていった。この人にとっても「ドアが開いていてラッキー」かもしれない。しかし。

やっと人がとぎれて、ドアが閉まった。番号を見て店内に入り、多目的端末「Loppi」の前に立つ。「番号を直接入力」のメニューに触れると、番号を入力する画面に変わった。

えーと「春のめざめ」の番号は…。

忘れた。

ドアの方を見ると、「春のめざめ」のポスターは内側にも同じように貼られていた。

しかし番号はここからは読み取れない。

コード番号を見ようと自動ドアに近づくと…。

人が来たことに気づいた自動ドアがガーと開いて、ポスターはまた見えなくなった。

少し下がって、自動ドアが閉まるのを待つ。今度は人の出入りもなく、すぐに閉まった。でも一連の怪しい動きで、なんか変な人と見られているような気がした。

番号を見てよく覚えてから「Loppi」の前に戻り、番号を入力してやっと購入手続きができた。端末から出てくるレシートをレジに出すと、チケットが印刷され精算をするしくみである。

これで、やっと「春のめざめ」の前売券を買うことができた。

店員さんにあの意地悪なポスターのことを話すと「あっ、確かにそうですね、すみません」と言ってくれた。

なお「春のめざめ」の購入コードは「33149」。前売券は1500円(チケット+パンフレット)と2000円(チケット+パンフレット+ポスター)の2種類。パンフレットやポスターはいずれも、鑑賞時に劇場でもらう。でも当日料金は1000円と安い(パンフレットは800円、ポスターは500円)から、前売りを買うメリットは思ったほどではないかも。