バイクのカバー

【元記事:バイクのカバー:d:id:manpukuya:20060318:wind

昨日の強風で、原付のバイクカバーが飛んでどこかへ行っていた。15メートルくらい離れた、駐車場の最奥部近くにあった。そこは水たまりになっていて、カバーはひどく汚れてしまった。カバーについていた留め金は、つけ根からちぎれてしまっていた。この留め金は、もともと単にひもを結ぶだけの方式だったのを、それでは面倒だからとプラスチックの留め金(プラスチックの金属とは変な表現)になる部分を100円ショップで調達し、切ったり結んだりしてワンタッチにしておいたのだった。

そもそもこのカバーは間違えてひと回り大きいのを買ってしまっていて、少し風が吹くとよくめくれていて、そのうち小さいのに買い換えようと思っていたところ、このような機会がやってきたので小さいバイクカバーを買い直そうと思った。