任意の画像をはてなマップに表示させる

【元記事:任意の画像をはてなマップに表示させる:d:id:manpukuya:20050710:hatenamap

f:id:manpukuya:19991127090851:plain

カシミール3Dを使って、既存の写真に位置情報を書き込み、フォトライフにアップロードしてみた。上の写真はGPS機能のない普通のデジカメで撮影したものだが、位置情報を付加してフォトライフに掲載したため、はてなマップ上にも表示されている(→見てみる)。

手順は以下の通り。なおこの方法を使うと、写真の画像ファイルには位置情報が追加される。万が一に備えて、オリジナルの画像ファイルはそのまま使わず、それをコピーして使うのがよいと思う。

  1. カシミール3Dのダウンロードページで「おまかせセット」をダウンロード、インストール
  2. カシミール3Dを起動すると「ようこそカシミール3Dへ」のダイアログボックスが表示されるので、「国土地理院の地図閲覧サービス『ウォッちず』を利用する」の[使ってみる]ボタンをクリック
  3. 富士山を中心にした地図が表示される
  4. カシミール3D上で、写真を撮影した場所付近が表示されるようにする。はてなマップと同じように地図そのものをドラッグするか、右の「ガイド」欄にある旗をドラッグする
  5. 写真を撮影した場所がカシミール3Dのメインウィンドウ内に表示されたら、写真の画像ファイルをカシミールのウィンドウにドラッグ&ドロップする。
  6. カシミール3Dのメインウィンドウ内にカメラのアイコンが表示される
  7. カメラのアイコンを、写真の撮影場所へなるべく正確に移動する。カメラのアイコンをドラッグすると「確定/キャンセル」を選択するメニューが表示されるので、カメラのアイコンをその場所に移動してもよいなら[確定]を選択する。カメラのアイコンは何度でも移動できる
  8. カメラのアイコンが写真の撮影場所に来たら、カメラのアイコンを右クリック。[EXIF情報書き込み]を選択
  9. [一括処理メニュー]ダイアログボックスが表示される。「書き込む測地系」欄が「WGS84」になっていることを確認し、[アイコン位置を画像に書き込む]ボタンをクリックする
  10. 「上書きすると撮影情報の一部が消えることがあります」といった、書き込み確認のダイアログボックスが表示される。情報を書き込んでよければ[はい]ボタンをクリック

これでOK。緯度経度がわかっているときは、ダミーの位置情報を書き込んでからカメラのアイコンを右クリック→[プロパティ]→[Exif情報]タブの内容を直接変更してもよいかもしれない。

ちなみに、はてなマップ上の画像をフォトライフに表示させ、カシミール3Dにドラッグ&ドロップすると、画像の場所をカシミールで表示させることができる(この際、カシミールが非アクティブの状態でドロップするのがコツのようだ)。なかなかエレガントである。

位置情報つきでフォトライフにアップロードした上の写真は、1999年11月27日に撮影した、建設中の味の素スタジアム調布飛行場から神津島へ行ったときのもの。プライバシーを確保しつつ(家の近くの写真を、位置情報つきで掲載しようとは思わない)、「へぇ、これはどこ?」と思われるような写真として選んだ。ずいぶん古い写真だが、位置情報つきであることが価値を持ち、かつ見て面白い写真となるとなかなか見つからなかった。

しかしこういうことをし始めると、GPSとカメラのついた携帯電話とか(回線契約せずに使えないだろうか)、GARMINGPSとか欲しくなってしまう。

関連記事

以下追記