「手塚治虫のCOSMO ZONE THEATER」

愛知万博ささしまサテライト会場「デ・ラ・ファンタジア」へ行ってきた。というとよくわからないかもしれないが、名古屋駅構内にある万博の案内所で「ああポケモンのところですね」と言われたように、「ポケパークのあるところへ行ってきた」と書いた方が通りがいいかもしれない。

ここではポケモン遊園地の「ポケパーク」のほか、「アート・オブ・スター・ウォーズ展」や「恐竜博2005」なども開かれている。

目的はもちろん、「手塚治虫COSMO ZONE THEATER」。手塚ものをたくさん見られるから…もあるが、やっぱり初公開のメガスターII「タイタン」の星空を見たい。

映像プログラムの内容は、手塚治虫のアニメと音楽、そして星空がコラボレーションするというもの。星空はプログラムの内容を引き立てるといった使われ方だったが、メガスターIIの星空は相変わらずすばらしい。

そのほか「テーマゾーン」では手塚作品の原画展もあり、すごい切り貼りぶりを改めて見ることができた。

メガスターを見に行く」だとちょっと物足りないかもしれないけれど、手塚ファンだったりポケモンスター・ウォーズ、もしくは恐竜も目当てにできる人にはよさそうだ。

名古屋では、ひつまぶしもみそかつも食べました。