「解雇社員が独自に開発、アップルの『グラフ計算機』秘話」(HOTWIRED・04/12/27付)

ちょっといい話、のように紹介している記事を多く見かけたが、果たしてそうだろうか。

記事の最後に彼の感想として「会社にまんまと利用されたのではないか(…)と思うことがある」とある。まさにその通りで、彼は最終的に名誉は得たがそれだけだ。ほかの従業員は見て見ぬふりをしつつ援助をしたそうだが、誰に対して隠していたのか。アップルはなんというか、ひどい会社だと思った。