安原製作所 業務終了のお知らせ(ネタ元:d:id:DocSeri:20040115#p1さん)

http://www.yasuhara.co.jp/close.html

自分で使いたいカメラを作るために、カメラメーカーを退社したという方が設立した安原製作所

この「世界一小さなカメラメーカー」が作られた出発点は、「このレンズで撮影したいが、取り付けられるカメラがない」という状況だ。具体的には、ライカの「Lマウント」レンズで撮影できるカメラである。しかし、Lマウントのカメラボディは30年以上前に製造中止になっており、中古カメラ市場でも実用になるものは少ない。

そこで、Lマウントのレンズを使えるカメラを、現代のカメラ技術を盛り込みながら作ろうとした。そして完成したのが「一式」なのだった。

(詳しくは、「『一式』製品企画意図」を参照)

「一式」に続いて、コンパクトカメラの「秋月」も製品化された。しかし、設立からの5年間で、銀塩カメラ市場そのものが思いのほか早く縮小してしまい、残念ながら業務を終了することにしたとのこと。

と、安原製作所に思い入れがあるように書いたけれど、自分自身銀塩カメラを最後に使ったのは2年以上前だ。デジカメやDVの普及で、銀塩カメラは家庭での記録媒体としての座を譲り、撮りたい人だけがお金をかけてする「趣味」の領域にシフトしてしまった。

こだわりを持つ人の活動が、ほそぼそとした形でも続けられなくなるのは単純に残念なことだ。

赤ちゃんの鳴き声を聞き分ける「WhyCry」(ネタ元:d:id:masah:20040109#p18さん)

【元記事:赤ちゃんの鳴き声を聞き分ける「WhyCry」(ネタ元:d:id:masah:20040109#p18さん):d:id:manpukuya:20040115:p2

http://www.yasashisa.jp/goods/whycry/index.html

バウリンガル」が出たときに、「この技術を悩めるお母さんの助けに使えないもんだろうか」と書いた(http://www.pluto.dti.ne.jp/~imasa/news/2002.html#L167)のだが、やっぱりあるんだ。すばらしい。

ところで、この製品はスペイン製だが、スペインの赤ちゃんと日本の赤ちゃんで、泣き方は同じなのかな?

(同時に疑問:バウリンガルは、発売する国に応じてチューンを変えたりしているのだろうか)

メガスター製作者の講演会

http://www.city.chiba.jp/education/edu/kyodo/gyoji.html#kouenkai

千葉市立郷土博物館の天文講演会として、プラネタリウムメガスター」を作った大平貴之の講演会「プラネタリウムを作りました」が開催される(ただし、星空の上映は行われないとのこと)。

1月17日(今週の土曜日)の14時半から16時半。場所は、千葉市文化センター3階アートホール(→地図)。

ネタ元は、メガスターメールマガジンメガマガ」。