編集者の日々の泡:手を上げて電子出版を担当 ――番外編「昨日聞いたとんでもなく悲惨な話」

とある出版社のとある部署で電子書籍を発売したものの、現時点で「1部も売れてない」のだという。冗談でなく事実だ。

編集者の日々の泡:手を上げて電子出版を担当 ――番外編「昨日聞いたとんでもなく悲惨な話」

「私だったら、こっそり自腹で10部くらい買っちゃうね多分」。わはは。いや笑っていられません。いやでも個人ならともかく会社が作って売り上げゼロにするのって、宣伝していれば逆に難しいような。いやそうでもないのかどうなんだ。