今日のニュースから

ドコモ、3D対応液晶搭載のカメラ付きiモード端末「SH251iS」(2002/11/13付)

スゴイ!眼鏡を使わない「裸眼立体視」をできるモニタを出しているのは、知っている限りでは3D.com(39万円)やエルザジャパン(年初の雑誌記事によると480万円)、そして三洋電機(サンプルのみ)。いずれも非常にイイお値段だったり製品化されていなかったりで、コンシューマ向けにはまだまだこれからと思っていたのだが、携帯電話に搭載されてしまうとは驚きだ。

参考記事を調べてみたところ、「『3D液晶』が携帯に?〜シャープ、三洋」(2002/10/04付)というCEATEC報告の記事が見つかった。すでにきざしはあったのか。また今回の発表については「『単純にカメラがあるだけでいいのか?』〜シャープ、3D液晶に期待」という記事もある。この記事では「ただしシャープおよびドコモ側でも、3D液晶の普及にはまだ確信を持ちきれていないようだ」とあるが、立体好きとしてはもっとどんどんいってほしい。

立体といえば皆さん、品川のIMAXシアターで上映中の立体映画、「スペースステーション(※リンク先は英語)」はご存じですか。「趣味ログニュース」の「スペースステーションレポート」などでその興奮が伝えられてますよ。いいですよこれ。おすすめですよ。