Twitter / @SharpGalapagos: 一時、記事が間違って掲載されていました・・。

昨日掲載されて話題沸騰だった、GALAPAGOSの「コピーは20文字まで」について、実は「辞書に渡す文字列としてコピーできるのが20文字まで」だったとのこと。元記事↓はしれっと書き直されている。

今日のツイート

「KDDI電子書籍」にブーイング 編集者ら「禁則処理、大丈夫?」 (1/2) : J-CASTニュース

昨日の「biblio Leaf」ことSP02の日本語処理がちょっと、という話↓の続き。

この記事ではKDDIの広報に確認をしていて、こんなコメントを引き出している。

「(電子書籍の)コンテンツファイルの設定にもよりますが、禁則処理には対応しています。フォントも、『新ゴR』というゴシック体と、『リュウミン』という明朝体に対応しています」

「KDDI電子書籍」にブーイング 編集者ら「禁則処理、大丈夫?」 (1/2) : J-CASTニュース

そうなんだ。ひとまずよかった。あの表示例は「特にひどいとここまでいっちゃう」ということがわかるようにしたものだったのかも。とむりやり好意的に考える。

円高だからAmazon.comでKindleやルンバを買おう

かな。という話。

電子書籍端末「Kindle

Kindle 3G Wireless Reading Device, Free 3G + Wi-Fi, 6

外出先で電子書籍を買ったりできる上位モデル。いま189ドル。色はこの黒(グラファイト)と白。
Kindle Wireless Reading Device, Wi-Fi, 6

こちらは3G通信機能を省略した下位モデル。Wi-fiで十分ならこれで。いま139ドル。色はグラファイトのみ。

Kindleはこの最新モデルで日本語の表示ができるようになった。メニューなどは英語だけれど大きな進歩だ。対応ファイル形式はAZW(mobi)、PDFなど。ブラウザを内蔵していてWebの閲覧もできる。

自動掃除機「ルンバ」

Amazon.comの商品はこんな感じ。…と思ったら、ルンバは海外発送してないんだ! でもせっかく調べたので載せちゃう。実際買おうとしたら、アメリカ在住の知人のところへいったん届けてもらって、そこから日本へ発送してもらうとかか。輸入代行業者もあって、日本版を買うよりはだいぶ安い。

iRobot 560 Roomba Vacuuming Robot, Black and Silver

いまAmazon.comで309ドル。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバー

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバー

日本の577は560と同等で、バンパーとリモコンがついてくる。今アマゾンで64500円。お値段倍以上。

iRobot 530 Roomba Vacuuming Robot, White

いまAmazon.comで250ドル。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

日本の537は530と同等。やはりバンパーとリモコンがついてくる。今アマゾンで57800円。こちらもお値段倍以上。

iRobot Roomba Pet Series 532 Vacuum Cleaning Robot

いまAmazon.comで299ドル。

532は「ペットシリーズ」で、530よりダストボックスが大きく、消耗品が余分についてくる由。日本未発売。

ルンバ関連リンク

製品ラインナップ | iRobot 自動掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/product/index.html
日本の販売代理店の公式サイトから、製品ラインアップのページ。
ルンバ530 ルンバ560 532 610専門店 自動掃除機ルンバ.COM
http://roomba.jp/
輸入代行をしているサイトのページ。海外版の機種ごとの違いを調べるのに便利。ここだと560が42800円、530が37800円、532が39800円(いずれも長期保証で4000円アップ)。
購入前に読むべき アイロボット ルンバ 577 の価格とレビュー・口コミまとめ - レビューナビ
http://www.reviewnavi.com/2010/05/irobot-romba-577.html
レビューをたくさん見て、いいところといまいちなところの意見をまとめてくれている。とても参考になる。
家電Watchのレビュー

メンテナンスの手間と費用はちょっとかかるけれど、筆者の生活スタイルにもぴったり合ったようで「もう手放せない」と好印象。食洗機と同じように時間を買っているという感覚だそう。

電子書籍端末「Foxit eSlick」を9800円で 100台限定 - ITmedia News

6インチの電子ペーパーに、青空文庫http://www.aozora.gr.jp/)や想隆社文庫(http://www.soryu-sha.jp/bunko/)の作品を収録。電子ペーパーが「Vizplex」というのは、新Kindleなどに採用されている「Pearl」の前の世代のものということ。コントラスト比や画面を書き換えるときの応答性かかなり違うようなので、そこを割り切れる人にはお買い得かもしれない。

hon.jp DayWatch - 米Barnes & Nobles社、電子書籍端末「Nook」シリーズのファームウェアv.1.5を11月末にリリース予定

「1年前のNook発売後初のメジャーアップデート」とのこと。「ページめくり機能を大幅に高速化。検索機能も強化され、蔵書管理、パスワード保護、ライバルKindleシリーズで提供されているようなしおり同期機能も搭載される」。

「NookシリーズはOSとしてAndroidを採用」のため、好きなようにhackするコミュニティもあるとのこと。へえー、Androidなんだ。

メディア・パブ: 米国の電子書籍が本格離陸へ、今年にも全書籍売上の10%を超えそう

IPDFとAAPのレポートから。「全書籍売上のうち電子書籍の占める割合は、昨年が3.31%で、今年は8月までで約9%であるが、12月までだと10%台に乗せそう」。離陸の原因はやはりKindleが大きいとのこと。

教科書もデジタルの時代へ、2015年にはすべての小中学生に配布 | セレクト | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

電子教科書に関連する各種の動向をリンク集的にまとめた読み物。

hon.jp DayWatch - ミックナイン、「小説の王子新人賞」作品など7作品をiPhone/iPad向け電子書籍アプリで発売

ケータイ小説サイト「小説の王子様」収録作品から、「小説の王子新人賞」受賞作などをiPhoneアプリ化したという話。お、これもいつもの「moviliboSTUDIO」採用事例だ。

iPhone電子書籍 ・ iPad電子書籍アプリリース 『誰にも言えない オンナの下心』

定価600円で、10月31日までは350円。アドベンチャー開発の「スマートフォン対応電子書籍システム『@bookビューワー』に搭載しアプリ化した製品」とのこと。

著者は藍川京で、紙の本は2002年9月発行。アマゾンだとアダルト商品扱いだ。官能小説家のエッセイだからか。一方iTunes Storeに登録されたということは、アップルにはアダルトとみなされなかったのかも。

誰にも言えない!?オンナの下心 (二見文庫)

誰にも言えない!?オンナの下心 (二見文庫)

ビジネスマンに必要!?“裏ルール””裏マナー”が詰まった電子書籍 WomanApps(ウーマンアプス)

ダイヤモンド社の「黒マナー・裏ルール」。450円。紙の本は1500円。

思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール

思いどおりに人間関係を操る 黒マナー・裏ルール

小松左京氏の「空中都市008」、声優とコラボしたiPadアプリに - ITmedia +D PC USER

「今回iPad専用アプリとして提供されるのは第3章まで」「登場人物のせりふが声優によって読み上げられるほか、物語の進行に合わせたBGMが再生される」。起用声優は小林由美子高本めぐみ若林直美など。

さらにNHKの人形劇になったときの「主題歌を歌った中山千夏さんが、初音ミクとコラボして誕生したテーマソング『008は明日の番号』や、小松氏のボイスコメントなども収録」。「同アプリの企画・制作はオフィスエランとレールファンホールディングス」とのこと。

定価600円で、発売から1か月は350円。紙の本は651円。

空中都市008 アオゾラ市のものがたり (講談社青い鳥文庫)

空中都市008 アオゾラ市のものがたり (講談社青い鳥文庫)

hon.jp DayWatch - パピレス、電子書籍レンタルサービス「電子貸本Renta!」で漫画家・六田登氏の月刊漫画雑誌「月刊Rokuda」を配信開始

「なお、『電子貸本Renta!』では同日、少年画報社(本社:東京都千代田区)とも提携し、『それでも町は廻っている』『トライガン』などヤングキングヤングキングアワーズ誌の作品も順次配信開始することを明らかにしている」。Renta!、がんばってます。基本的に、1チケット(105円)で単行本1冊を48時間閲覧可能なサービスか。このくらいの値づけはお手頃感がある。マンガなら1冊読むのに2日はかからないし、データを手元に保存するわけでもないので手軽だ。