2010-11-28から1日間の記事一覧

もうすぐ出る電子書籍関連本

12月1日 電子書籍で生き残る技術−紙との差、規格の差を乗り越える−作者: 川崎堅二,土岐義恵出版社/メーカー: オーム社発売日: 2010/12/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 63回この商品を含むブログ (9件) を見る 12月9日発売 電子書籍…

11月26日に出た電子書籍関連本

今まで新刊がAmazonに登録されたら紹介されていたのを、発売日にも案内するようにしようと思ったのだけれどなかなか難しい。電子本をバカにするなかれ 書物史の第三の革命作者: 津野海太郎出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2010/11/26メディア: 単行本購…

宝島社「電子書籍の正体」 - つん堂@tundowの日記

(11月20日)http://d.hatena.ne.jp/tundow/20101120/1290210288 津田大介「Twitter社会論」は新書が42000部、iPhoneアプリ版はわずかに3000ダウンロード。印税率は22%といった数字を紹介。「つまり、電子書籍の世界は、だれも儲からない仕組みになっている…

電子書籍と「デバイスにあわせたレイアウト」!/ePub特有のリフロー=「歯抜け」問題! ...... - AdhocBlog

http://adhocrat.net/adhocblog/2010/11/epub-7.html iPod touch向けに作ったEPUBデータをiPad向けに作り直している人の話。デバイスの画面サイズに合わせて大きめの画像を改めて用意するとか、リフローが基本のEPUBだと画像を次のページへ送ることで余白が…

ドコモのAndroidタブレット「GALAXY Tab」を触ってきました - もとまか日記

http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20101128/1290885476 「電子書籍でも、特にコミックの見開きはもはやiPadくらいの画面サイズがないと正直辛いんじゃないかなと思ってしまう」、でどんな用途があるかと考えると「電子書籍くらいしか、思いつかないなぁ」。

404 Blog Not Found:Jコミがはじまる前から成功している理由

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51554757.html 原作はすでに成功している 一番の目的をすでにクリアーしている(引用者註:一番の目的は「自ら描いた作品を、いつでもいつまでも、描いた本人が納得する形で読者が入手できる状態にするということ…

今日のツイート

12:35:00 #shoot1230 今晩のロケットまつりでまとめてプレゼントするはやぶさグッズを検分中。配布資料、クリアファイルなどなど。当日券もちょっとだけある由 #rocketfes #hayabusa http://twitpic.com/3aw2mc 14:14:00 昨日の今日の電子書籍記事リンク 201…