久しぶりにコンビーフを食べる

ノザキのコンビーフがパッケージを変更するそうだ。

↑このニュースリリース、本文が画像1枚なのがすごい。謝罪のページでよく見かける手法で、普通のニュースリリースでは珍しい

今までの金属缶は「枕缶」というんだね。100グラム410円が80グラム395円になるのは典型的なシュリンクフレーションだがやむを得ないか。

コンビーフの隣にはたいてい「ニューコンミート」が置かれている。コンビーフが牛肉だけで作られているのに対し、ニューコンミートは馬肉なども使っていて安い。25年くらい前、下宿していた学生時代はニューコンミートは「ニューコンビーフ」という名前だった(2006年に名称変更)。当時、ニューコンビーフなら100円ちょっとで買えることが多かったのでわりとよく自炊に使っていた。今は値段が倍以上になってしまってなかなか手が出ない。

でもせっかくなので買ってみた。といってもノザキのコンビーフやニューコンミートではなく、すでに80グラムのパッケージで売られていた明治屋のコンビーフである。売られていたスーパーではこれが割安だった。

コンビーフをフライパンで暖めながらほぐし、粗い千切りにしたキャベツを加えるだけ。調味料もいらず、お手軽なのがよい。

80グラムは物足りないが、久しぶりの味は変わらないおいしさだった。

関連記事:ヨーグルトのシュリンクフレーション

大きいパッケージのヨーグルトは砂糖の添付をとりやめたり容量を減らしたりしてきている。

上の記事では450グラムに減ったことを書いていたヨーグルトだが、今はどの銘柄も400グラムが一般的になってしまった。まったくせちがらい。

関連リンク:シュリンクフレーションの商品をまとめたサイト

ヨーグルトの減量についても掲載されていた。

ドット絵をそのまま大きくできるペイントソフト

この記事経由で、

この記事を読んだ。

小さい画像をSNSのプロフィールなどに登録すると、拡大されてぼやけることがある。写真のような画像ならぼんやりするほうがましだが、パキッとしたドット絵はぼやけてほしくない。あらかじめペイントソフトで拡大してから登録するのがよさそうだ。ということでその方法を紹介します。

これを登録したとき
f:id:Imamura:20200113180050p:plain
こうならないようにしたい
f:id:Imamura:20200113180054p:plain

Photoshopなら、[イメージ]-[画像解像度]で解像度を変更するときに「ニアレストネイバー法」を選べばよい。

f:id:Imamura:20200113180100p:plain

これが(32倍表示、16×16ピクセル
f:id:Imamura:20200113180104p:plain
こうなる(等倍表示、512×512ピクセル
f:id:Imamura:20200113180108p:plain

ほかのペイントソフトで同じことができないだろうか。

Windowsに標準添付されている「ペイント」は、画像を「サイズ変更」するときニアレストネイバー法が使われる。「ペイント」をすぐ起動するには、[Win]+[R]で「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを出し、「mspaint」と入力して[Enter]キーを押す。

f:id:Imamura:20200113192920p:plain

  1. 画像を開いて「サイズ変更」をクリック
    f:id:Imamura:20200113180112p:plain
  2. 「サイズ変更と傾斜」ダイアログボックスが表示される。「単位」を「ピクセル」にし、もとの画像の整数倍の数値を「水平方向」に入力する(「パーセント」から100%単位で指定してもよい)。「縦横比を維持する」のチェックボックスがオンになっていれば、「垂直方向」は自動的に入力される
    f:id:Imamura:20200113180116p:plain
  3. [OK]ボタンをクリックすると画像が拡大される
    f:id:Imamura:20200113180120p:plain

「ペイント」はPNG形式の画像を保存するとき、透明度の情報を削除する。ソーシャルアイコンでそこが問題になることはなさそうだけれど気をつけたい。

f:id:Imamura:20200113180124p:plain

ではほかのペイントソフトだとどうだろうか。「Paint.net」は軽量でフリーのWindows用ペイントソフトである。

  1. 「イメージ」メニューから「サイズ変更」を選択
    f:id:Imamura:20200113180128p:plain
  2. 「サイズ変更」ダイアログボックスが表示される。「再サンプリング」を「直近」にし、サイズを指定する。こちらも「絶対サイズを指定」ではなく「%を指定」にし、100パーセント単位の数字を指定しても整数倍の拡大ができる
    f:id:Imamura:20200113180131p:plain
  3. 画像が拡大される
    f:id:Imamura:20200113180135p:plain

こちらは透明度の情報が保持される。

Macだとどうだろう。「プレビュー」で[ツール]-[サイズを調整]から画像のサイズを変えたらぼんやりしてしまった。「プレビュー」にはニアレストネイバー法に準ずる拡大方法はないようだ。

f:id:Imamura:20200113180139p:plain

Mac用のフリーのペイントソフトから、「FireAlpaca」(Windows版もあります)で試してみた。


  1. 「編集」メニューの「画像解像度」を選択
    f:id:Imamura:20200113180143p:plain
  2. 「画像解像度」ダイアログボックスが表示される。「幅」や「高さ」を入力する。「pixel」のプルダウンメニュー内には「%」もあり、倍率で指定することもできる
    f:id:Imamura:20200113180148p:plain
  3. 画像が拡大される
    f:id:Imamura:20200113180152p:plain

FireAlpacaは保存時に透過情報を含めるか選ぶことができる。

f:id:Imamura:20200113180157p:plain

スマートフォンだとどうか。iPhoneには「Pixelable」(公式サイト)というフリーで高機能なドット絵エディタがある。

Pixelable - ドット絵エディター

Pixelable - ドット絵エディター

  • Yosuke Seki
  • エンターテインメント
  • 無料

  1. 画像を読み込んで「書き出し」をタップする
    f:id:Imamura:20200113180202p:plain
  2. 書き出す画像サイズを指定できる
    f:id:Imamura:20200113180208p:plain

PixelableはAndroidにはないので、フリーで一般的なペイントソフトの「ibis Paint」を使ってみた。(画面キャプチャはiPhoneのものですが、Android版でも同様に操作できると思います)


  1. 画像を読み込む…といきなりボヤボヤしている
    f:id:Imamura:20200113180213p:plain
  2. これはそのように表示しているだけなので、表示設定を変えればよい。ツールバーの左から2番目のアイコンをタップして「設定」をタップする
    f:id:Imamura:20200113180219p:plain
  3. 「ビュー拡大時の補間」をオフにする
    f:id:Imamura:20200113180226p:plain
  4. 次に先ほどと同じメニューから「キャンバス」をタップ
    f:id:Imamura:20200113180232p:plain
  5. 「画像解像度変更」をタップ
    f:id:Imamura:20200113180238p:plain
  6. 拡大後のピクセル数を「幅」「高さ」に入力。「拡大計算式」を「近傍近似」にしてチェック(✓)をタップ
    f:id:Imamura:20200113180242p:plain
  7. こうなりました…ってグリッドなどがないので見た目は変わらない
    f:id:Imamura:20200113180247p:plain
  8. ほら細かい線を書き込めます。ちゃんと大きくなっていることがわかるでしょう
    f:id:Imamura:20200113180252p:plain

ということでこんな感じになりました。下は1,024×1,024ピクセルあります。

f:id:Imamura:20200113180257p:plain

せっかく大きくなったので、ボタンを真ん中に移動したものも。

f:id:Imamura:20200113180300p:plain

どうぞご利用ください>id:zaikabouさん

はてなブログにおけるはてな記法の展開バグあれこれ

はてなブログにおけるはてな記法の解釈にはバグが多い。こちらでつかんでいるものは以下で、すべて運営に報告済みであるが、ここでいったんまとめておこうと思う。

定義リスト記法のdt要素にURLなどがあるとその中のコロンからdd要素になる

定義リスト記法は行頭に「:」を書き、続く文字列と「:」を書く。「:A:B」のように書くと、Aがdl(定義リスト)要素のdt要素、Bがdd要素になる。

:A(定義リストの見出し、dt要素):B(定義リストの内容、dd要素)

↑こう書くとこうなる↓

<dl>
<dt>A(定義リストの見出し、dt要素)</dt>
<dd>B(定義リストの内容、dd要素)</dd>
</dl>

表示結果は以下。

A(定義リストの見出し、dt要素)
B(定義リストの内容、dd要素)

この定義リスト記法において、「A」の範囲にURLやid記法(例:id:Imamura)など「:」を含む文字列があると、そこでdt要素が終わったものと勘違いされてしまうことがある。

たとえば「:https://www.hatena.ne.jp/:はてな」と書いたとする。期待されるHTMLは以下である。

<dl>
<dt>https://www.hatena.ne.jp/</dt>
<dd>はてな</dd>
</dl>

はてなダイアリーではこの通りのHTMLが出力され、以下のようになっていた。

https://www.hatena.ne.jp/
はてな

しかし、今のはてなブログではこういうHTMLが生成される。

<dl>
<dt>https</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/:はてな</dd>
</dl>

表示結果はこうなっちゃう。

https
//www.hatena.ne.jp/:はてな

この書き方に限ってはURLを「[~]」で囲む「http記法」にすると解消するのだが、http記法の前に文字列があるとちゃんと解釈されない。

現状うまく解釈されない書き方

:はてな<a href="http://www.hatena.ne.jp/">はてな</a>:はてなです
:http://www.hatena.ne.jp/:はてなです
:はてな[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな]:はてなです
:はてな[http://www.hatena.ne.jp/:bookmark]:はてなです
:はてな[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな:bookmark]:はてなです
:はてな[http://www.hatena.ne.jp/]:はてなです
:はてな [http://www.hatena.ne.jp/]:はてなです
:はてなブログ[id:hatenablog:detail]:はてなブログです

表示結果はこう。

はてな
//www.hatena.ne.jp/">はてな:はてなです
http
//www.hatena.ne.jp/:はてなです
はてな[http
//www.hatena.ne.jp/:title=はてな]:はてなです
はてな[http
//www.hatena.ne.jp/:bookmark]:はてなです
はてな[http
//www.hatena.ne.jp/:title=はてな:bookmark]:はてなです
はてな[http
//www.hatena.ne.jp/]:はてなです
はてな [http
//www.hatena.ne.jp/]:はてなです
はてなブログ[id
hatenablog:detail]:はてなブログです

記事掲載時点ではこういうHTMLが生成されている。(はてなブログ タグ(はてなキーワード)へのリンクは省略)

<dl>
<dt>はてな</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/">はてな</a>:はてなです</dd>
<dt>http</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/:はてなです</dd>
<dt>はてな[http</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/:title=はてな]:はてなです</dd>
<dt>はてな[http</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/:bookmark]:はてなです</dd>
<dt>はてな[http</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/:title=はてな:bookmark]:はてなです</dd>
<dt>はてな[http</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/]:はてなです</dd>
<dt>はてな [http</dt>
<dd>//www.hatena.ne.jp/]:はてなです</dd>
<dt>はてなブログ[id</dt>
<dd>hatenablog:detail]:はてなブログです</dd>
</dl>

正しく解釈される書き方

:<a href="http://www.hatena.ne.jp/">はてな</a>:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな]:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな]はてな:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな] はてな:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな:bookmark]:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな:bookmark]はてな:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/]:はてなです
:[http://www.hatena.ne.jp/:bookmark]:はてなです
:[id:hatenablog:detail]:はてなブログです
:[id:hatenablog:detail]はてなブログ:はてなブログです

表示結果はこう。

はてな
はてなです
はてな
はてなです
はてなはてな
はてなです
はてな はてな
はてなです
はてな
はてなです
はてなはてな
はてなです
http://www.hatena.ne.jp/
はてなです
はてなです
id:hatenablog
はてなブログです
id:hatenablogはてなブログ
はてなブログです

生成されるHTMLは以下。ちゃんとしている。

<dl>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">はてな</a></dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">&#x306F;&#x3066;&#x306A;</a></dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">&#x306F;&#x3066;&#x306A;</a>はてな</dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">&#x306F;&#x3066;&#x306A;</a> はてな</dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">&#x306F;&#x3066;&#x306A;</a><a href="https://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.hatena.ne.jp/" class="http-bookmark"><img src="https://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://www.hatena.ne.jp/" alt="" class="http-bookmark" /></a></dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">&#x306F;&#x3066;&#x306A;</a><a href="https://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.hatena.ne.jp/" class="http-bookmark"><img src="https://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://www.hatena.ne.jp/" alt="" class="http-bookmark" /></a>はてな</dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://www.hatena.ne.jp/">http://www.hatena.ne.jp/</a></dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="https://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.hatena.ne.jp/" class="http-bookmark"><img src="https://b.hatena.ne.jp/entry/image/http://www.hatena.ne.jp/" alt="" class="http-bookmark" /></a></dt>
<dd>はてなです</dd>
<dt><a href="http://blog.hatena.ne.jp/hatenablog/" class="hatena-id-icon"><img src="https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/hatenablog/profile.png" width="16" height="16" alt="" class="hatena-id-icon">id:hatenablog</a></dt>
<dd>はてなブログです</dd>
<dt><a href="http://blog.hatena.ne.jp/hatenablog/" class="hatena-id-icon"><img src="https://cdn.profile-image.st-hatena.com/users/hatenablog/profile.png" width="16" height="16" alt="" class="hatena-id-icon">id:hatenablog</a>はてなブログ</dt>
<dd>はてなブログです</dd>
</dl>

http記法の行内にコメント(<!--~-->)があると記法として認識されない

[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな]<!--コメント-->

↑こう書くと、こうなってほしい↓

<a href="http://www.hatena.ne.jp/">はてな</a>

しかしこういうHTMLが生成されてしまう。(はてなブログ タグ(はてなキーワード)へのリンクは省略)

[http://www.hatena.ne.jp/:title=はてな]

はてなブログ タグ(はてなキーワード)を「[[」~「]]」で囲むとタグ(キーワード)へのリンクの見栄えにならない

たとえばこう書く。

はてなブログ

[[はてなブログ]]

記事掲載時点で、下のようなHTMLが生成される。(改行を追加しています)

<p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%C6%A4%CA%A5%D6%A5%ED%A5%B0">はてなブログ</a></p>
<p><a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%C6%A4%CA%A5%D6%A5%ED%A5%B0">はてなブログ</a></p>

タグ(キーワード)へのリンクに「class="keyword"」をつけてくれないので、「はてなブログ」のような普通のリンクの見栄えになってしまう。

対策としては、以下のようなCSSを「設定」-「デザイン」-「デザインCSS」に追加するとよい。

.entry-content a[href*="d.hatena.ne.jp/keyword"]{
    color: inherit!important; /*タグ(キーワード)へのリンクの文字色を地の文と同じにする*/
    border-bottom: 1px solid #dedede; /*キーワードリンクの見た目をカスタマイズしているならそれに合わせる*/
}

これは「<a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/~">~</a>」というHTMLを見つけて、キーワードと同じ見た目にするというCSSである。でもそういうバッドノウハウがいらなくなってほしい。

はてなブログ タグについては以下で書いた。


http記法や引用記法の「:title=」に「[」や「]」を使えない

[http://www.hatena.ne.jp/:title=[hatena]はてな]

↑こう書いたら、こうなってほしい↓

<a href="http://www.hatena.ne.jp/">[hatena]はてな</a>

しかしこうなってしまう。

[http://www.hatena.ne.jp/:title=[hatena]はてな]

記事掲載時点で、このようなHTMLが生成される。

[<a href="http://www.hatena.ne.jp/:title=">http://www.hatena.ne.jp/:title=</a>[hatena];はてな]

「[」は「&91;」、「]」は「&93;」に置き換えればよい。

[http://www.hatena.ne.jp/:title=&#91;hatena&#93;はてな]

これで以下のようになる。

[hatena]はてな

しかし、そうしなくてもうまいこと処理してほしい。

「[」~「]」で囲まないダイアリー記法がid記法として解釈されることがある

ダイアリー記法ははてなダイアリーの記事へのリンクを生成する記法で、「d:id:Imamura:20030217:p1」のように書く。これが「d:id:Imamura:20030217:p1」ではなく「d:id:Imamura:20030217:p1」となってしまうことがある。「id:Imamura」はidへリンクする「id記法」である。

「[」~「]」で囲んで「[d:id:Imamura:20030217:p1]」と書くと問題は起きない。でも「[」~「]」で囲まなくてもちゃんとダイアリー記法として解釈されることもあり、条件がわからなくてモヤモヤする。

今まで多くのケースを見てきて、idにアンダーバーを含むときと、日付の次が「:」ではなく「#」のときが怪しいのだが確証が持てない。

まったく同じダイアリー記法を書いていても展開結果が異なる例も見つかった。

f:id:Imamura:20191004112054p:plain

これは http://ima.hatenablog.jp/entry/20060310/umigame3 のキャプチャである(今は「[」~「]」で囲んで修正済み)。一度書かれたダイアリー記法をくり返すとid記法として解釈されるのだろうか? 謎である。

「拡張id記法」を解釈してほしい

これは不具合ではなく仕様であるが、いい機会なので要望させてほしい。

はてなダイアリーにダイアリー記法が実装される以前、「d:id:Imamura:20030217:p1」に相当するリンク記法は「id:Imamura:20030217:p1」というid記法が担っていた。これははてなダイアリー(とはてなグループ)だけで使える独自の「拡張id記法」ともいうべき書き方で、id記法は本来「id:Imamura」という書き方しか解釈しない。

「歴史的な経緯で、はてなダイアリー(やはてなグループ)では『id:Imamura:20030217:p1』という書き方もダイアリー記法として解釈されていた」ということだ。

はてなブログはこの「拡張id記法」をサポートしていないので、「id:Imamura:20030217:p1」と書いても「id:Imamura:20030217:p1」にならず、「id:Imamura:20030217:p1」となってしまう。

これは仕様としては正しい。しかしはてなダイアリーからインポートした記事でこうなっていると、本来想定されたURLへのリンクにならない。つまり大量のリンク切れが発生しているのと変わらない。

この下に紹介した記事の通りにすれば、「拡張id記法」で書かれた記事をダイアリー記法へ一括置換することはできる。一方で物故者のダイアリーなど、はてなブログへ自動移行したものの修正を期待できないものもある。そういった記事でも目的の記事へきちんとリンクするよう、「id:Imamura:20030217:p1」や「id:Imamura:20030217#p1」といった書き方を「[d:id:Imamura:20030217:p1]」と書いたものとして扱うようにしてほしい。

(あるいは拡張id記法をダイアリー記法として扱うGreasemonkeyを書いて、自分が閲覧するときに限ってちゃんとしたリンクになるようにするとか…また勉強しないと)

はてなダイアリーには15年にわたる膨大な記事の蓄積があった。それをはてなブログへインポートできるようにして資産を生かすことにしたのははてなの判断である。であれば、はてなブログは仕様が違うのだからと切り捨てるのではなく、責任を持ってきちんとリンクするようにしてほしい。「10年後もユーザーの皆さんとともにあるサービスを目指す」(2019年“マイ推し記事”7選! はてなブログ編集部スタッフの心に残ったのはこれだ - 週刊はてなブログ)とはそういうことではないだろうか。

はてなブログライターで一括置換できます

ここまで紹介したはてな記法は決して特殊な書き方ではなく、はてなダイアリーではきちんと解釈してくれていた。はてなダイアリーからはてなブログへインポートした記事で、意図しない表示結果になっていることが多い。

すでにはてなブログへ投稿した記事やはてなダイアリーからインポートした記事を1つのテキストファイルにまとめ、テキストエディタで一括置換して登録し直すことができる。方法は以下で解説しています。


冒頭にも書いたように、これらの不具合はすべて運営へ報告済みである。しかし概して反応は鈍い。また「修正しました」と連絡があっても修正もれがあったりする。この記事が参考になるかはわからないが、ぜひきちんと修正してほしい。

頭のトラブル9,000円

f:id:Imamura:20191227171615j:plain

スケートに行ったら後ろへ転んで後頭部をゴチーンと打った。そばにいた係員が「すぐに立とうとしないで! めまいはありませんか」とただならぬ様子。めまいやふらつきはなく単に後頭部が痛いなーというだけだが左右を抱えられながらリンクを出た。救護員の方がガーゼを当てつつ「これは救急車ですね」と言っている。えっそんなに? 「けっこう血が出ていますよ」。後頭部を自分で見ることはできないのでおまかせするしかない。救急車で近くの病院へ。「CTを撮りましょう」→CTスキャンでは異常なし。よかった。「じゃあ縫いますね。ホチキスみたいなのを使います」。バチン。いてて。バチン。いててて。数えていたら10以上打ち込まれた。ガーゼを貼られて「今日は頭を洗わないで、明日もう一度見せに来てください」。お会計は8,060円!

着ていたタートルネックの首部分にはうっすら血がついている。洗ったら赤黒い水になった。漂白剤をつけて洗濯した。

翌日、傷の様子を見てもらう。「いい感じです。明日になったらガーゼをはがして、頭を洗っても大丈夫ですよ。1週間後に針を抜きに来てください」。お会計は380円。

次の日、ガーゼをはがした。後頭部なので自分では見えない。触ってみると針が並んでいる感触はある。少し違和感があるが痛くはない。写真を撮ってみるといかにもホチキス風の針が並んでいた。(【閲覧注意】どうしても見たい人向けのリンク)頭を洗ってさっぱり。

糸による縫合の代わりに使うホチキスは「スキンステープラー」というらしい。

1週間後の今日、針を抜いてもらった。「けっこう大きい傷でしたねえ。10針以上ありますよ」。はい。でもこちらは実感がない。針を抜く痛みはほとんどなく、頭の違和感がなくなっていく。抜いた針を見せてもらうと「Ω」のような形をしている。写真を撮らせてもらえばよかった。「これで終わりです。頭を洗ってもいいですよ」。お会計は380円。治療費の合計は8,840円だった。

後頭部を強打するのは打ちどころが悪いともっと大変なことになりかねない。しかし今回は幸運にも大きな傷ができただけですんだ。ひと滑りの結果が9,000円というのは痛かったが、大事には至らずよかった。

問題があるとすれば、スケートに連れていった小学生が「あまり滑れなかったからまた行きたい」と言っていることだ。なるほど。今度は靴を借りずリンクの外から見ているだけにしようか。でも自分も滑りたくないわけではない。転ばないようもっと気をつければ大丈夫かな。また9,000円なんてことにならないようにしたい。

おみくじは大吉

初詣でおみくじを引いた。大吉だ!

第九番

誰にでも平等にここ一番の時が訪れる
その時気をもって進んだ物だけが誰より強い人間になれる 自分に負けない勇気が最大の好機を引き寄せます

運勢大吉


  • 願望:様々な出来事に翻弄されるが強い意志で乗り切れる
  • 仕事:閃きや直感の行動が高く評価されそう
  • 恋愛:昔の恋人との復縁や出会って早々の告白あり
  • 健康:心身共に絶好調 新しい運動を始めると良い
  • 学業:面倒だと思うことほど結果がついてきます
  • 金運:思い切って大きな買い物をするのも良い
  • 旅行:伝統音楽や芸術に触れる旅が良い 成長の機会になる
  • 出産おさん:気持ちを楽にして 安産です

今年の一字が自分の名前にもある「勇」なのは縁を感じる。いい年にしたい。

縁起物はだるまだった。これは初めてかも。

達磨だるま
忍耐、人望、福徳をさずける福神 七転八起(何度失敗しても屈しないで奮いたつの意味)人に忍と福と寿命の三徳を与える福神といわれ古くから広く信仰を集めています。財布等の中に入れて開運招福のお守としてたいせつにお持ち下さい。

これまでのおみくじ

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(小惑星近傍運用の総括など)

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(19/12/19)ライブ配信 | ファン!ファン!JAXA!

小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウを出発し、現在、地球へ向けて順調に航行を続けています。 今回の説明会では、小惑星近傍運用の総括、科学成果の発表状況、帰還巡航運用の計画などについて説明を行う予定です。

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(19/12/19)ライブ配信 | ファン!ファン!JAXA!

日時

  • 2019年12月19日(木)15:00~16:00

登壇者

f:id:Imamura:20191219223836j:plain

(image credit:JAXA

はやぶさ2」プロジェクトチーム

(左から大島氏、益田氏、佐伯氏、津田氏、吉川氏)

中継録画

関連リンク

本日の内容

(吉川氏から)

f:id:Imamura:20191219151622p:plain

続きを読む

インターステラテクノロジズ 観測ロケット「MOMO5号機」スポンサー発表記者会見

プレスリリース

NVSによる中継録画

登壇者

f:id:Imamura:20191126140650j:plain

(Image credit:NVS

(左から杉山氏、鈴木氏、小嶋氏、稲川氏、堀江氏、竹森氏、山本氏、岡田氏)

配付資料

f:id:Imamura:20191126134949p:plain

続きを読む