小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(低高度降下観測運用PPTD-TM1の結果)

(編集中)

小惑星探査機「はやぶさ2」は、引き続き小惑星Ryugu(リュウグウ)の観測活動を実施しています。

今回の説明会では5月14日から16日にかけて実施した低高度降下観測運用について説明を行う予定です。

日時

  • 2019年5月22日(水)15:00~16:00

登壇者

はやぶさ2」プロジェクトチーム

中継録画

配付資料


本日の内容

(吉川氏より)


目次


はやぶさ2」概要


ミッションの流れ概要

ここは新しくしました。

1.プロジェクトの現状と全体スケジュール

アボートというとネガティブなことのように思われるかもしれないが、今回の観測運用で新しいこともわかっている。

2.低高度降下観測運用(PPTD-TM1)の結果

ノーマルアボートの原因はLIDARの距離計測に問題があった。対策については後述。

PPTD-TM1運用(実績)


ノーマルアボートについて

(津田氏から)

高度50メートルで受信感度を切り替えたのは今回が初めて。最初のタッチダウンで探査機の誘導制御が非常によく、LIDARのレーザー光がターゲットマーカに当たって強い反射を返した。それによりLIDARが「目を回す」可能性がある。いかに精度がよくてもそういうことはないだろうと思っていたが実際に起きた。念のため目を回さないよう低高度で受信感度を切り替えた(下げた)。

その際にノイズが混入し「そのような高度の数値はおかしい」と誘導制御コンピュータが判断しアボート。

切り替え方の問題で、アボートして上昇中にチームが状況を把握。新しい切り替え方式を次回から使うことにする。

ターゲットマーカを分離できなかったのは残念だが、起きたことは我々の掌握下にある。安全装置もきちんと働いた。ある確率でこういうことが起きることを念頭に開発していた。そのうちの一つが起きたということ。

探査機上昇時の撮影

これはいいほうの想定外。一目散に上昇するとき小惑星表面を撮影するシーケンスを入れておいた。幸いにも人工クレーター付近を撮影できた。

これまでにない解像度で撮影できた。選択肢は減っていない。取得したデータから第1回タッチダウンと同じような解析ができた。今後の運用計画に遅れはない

「高度約0.5kmより」は解像度5センチメートル。中央から少し右上が人工クレーター。きれいに撮影できている。タッチダウン候補点はこの付近に散在している。数枚の画像を集めると候補点がすべて網羅されていた。

「高度約0.6kmより」は左の約3分後。クレーターの少し北側も写っている。

ターゲットマーカを落とそうとしていたのは左の写真の右下(今村註:表面の色がやや濃くなっていて大きな岩がない領域)。上昇経路が絶妙にななめだったのでクレーターを上空から撮影できた。

説明図

タッチダウン候補地点がそれぞれ写っている。S01を狙ったのはここが最初のタッチダウン候補地点で、人工クレーターを作る前から情報が揃っていたから。今回このような写真を撮れてそれぞれの候補点も高解像度の情報をとれたため情報量はイーブンになった。残された回数からどこへターゲットマーカを落としてどこを観測するかという問題に置き換わった。

3.今後の運用方針

5~7月の運用計画の考え方

3回目の降下観測運用(運用名は仮にPPTD-TM1B)を設定。2回目の状況によってはやらないかも。

次回のPPTD-TM1A運用で候補地点の一つであるC01にターゲットマーカを投下

C01を選んだ理由は…ちょっと込み入っていますので資料19ページへ。

11か所のタッチダウン候補地点。エリア全体の比較的詳細な画像を取得できて、確度を持って評価できるようになった。あと2回降下観測するチャンスがある。どこを攻めるのがよいか。

ターゲットマーカは必ずしも狙った場所に落ちない。1回目のタッチダウンでも約15メートル離れたところに落ちた。ずれた位置に行っても着陸できる可能性を最大化しなければならない。

はやぶさ2の視野にターゲットマーカが2つ以上同時に入ることを想定しない運用を行う。探査機の能力としては可能だが1回目のタッチダウンの方式を踏襲。その結果、ターゲットマーカを落としたとき少しずれたから同じ場所を狙ってもう1個落とすということはできなくなった。

(ターゲットマーカを落とすチャンスはあと2回あるが)どんな状況でもはやぶさ2にはターゲットマーカが1つだけ見えているという状態を作らなければならない。

リュウグウの自転は東から西(今村註:画像では左から右へ回転していく)。ターゲットマーカは西から順に落としていかなければならない。目標点の東側にターゲットマーカを落とすと降下中に探査機の視野を横切る。それを目標にしないことにしていても探査機の視野に入ってしまうと、探査機が「これを目指していくんだな」と勘違いしてしまうかもしれない。

そのような確率を減らすために西から攻めていく。

降下運用のチャンスは2回ある。L14、C01、S01の3つのエリアのうち2つをどう選ぶか。選んだうちで西から順にやっていく(降下運用を行う)。その観点でC01とS01を選び、次回はC01を選ぶ。

情報がどのエリアについてもイーブンにそろったので、こういう考え方ができるようになった。非常に幸運。これを最大限生かしていくには次にターゲットマーカを落とすべきはC01だろうと。

今後のタッチダウン運用への見通し

(前回と同じ)


PPTD-TM1A運用

(吉川氏から)

これは前回のPPTD-TM1と基本的に同じ。正確な時刻はウェブサイトでご報告したい。

PPTD-TM1A運用の低高度シーケンス

前回と同じ。


4.今後の予定


参考資料


低高度降下観測運用(PPTD運用)


SCI衝突前後の地形変化

これらの画像は衝突装置(SCI)運用時に撮影したもの。今回の画像は分解能が上がっていることがわかると思う。


質疑応答

読売新聞とみやま:アボートの原因について。ノイズとは

津田:感度の変更は一つの指示で切り替えポンというわけにはいかない。いくつかの手順を踏む。今回のような降り方と切り替え方、リュウグウの反射率の組み合わせだと切り替えプロセスの中で高度値が異常を示すことがある。
本来50メートル前後を指すところが、一瞬だけ高度6キロのような値を指した。

(編集中)

遊舎工房でミニキーボードの展覧会が開催中

ということで記事を書きました。※遊舎工房は月曜と火曜がお休みです

記事で紹介したほかにも、たとえばこんな作品が出ていました。(こちらの写真は撮ったままで、色調や明るさを補正していません)

〔meishi部門「日常!?」〕
遊舎工房のファクトリーヘッドのないん(@pluis9)氏やスタッフの@adeonhy氏があしらわれた作品。遊舎工房の「中の人」、ダル(@oscardul)氏作
f:id:Imamura:20190519143058j:plain
〔meishi部門「meishiカバーからはみ出た…」〕
実用性より造形の楽しさを優先している「Artisanキーキャップ」は製造コストが高く、価格も1個数千円が普通。アルカンターラ生地を使った自作カバーを装着している。サリチル酸@Salicylic_acid3)氏作
f:id:Imamura:20190519143209j:plain
〔meishi部門「お名刺頂戴いたします。」〕
meishiを名刺にした作品。PCBを段ボールでカバーしている。鈴無蒸([@suzunashi3](https://twitter.com/suzunashi3))氏作
f:id:Imamura:20190519142548j:plain
〔フリー部門「mayShi.no30」〕
基板1枚に15キーを並べ、左右分割のキーボードにすることで30キーのキーボードにしている。T.Shinohara(@shinoharattt)氏作
f:id:Imamura:20190519144737j:plain
〔フリー部門「mituba」〕
初めてPCBから自作したキーボードとのこと。マウスポインタの移動と左右のクリックができる。ミツバ(@mitubaEX)氏作
f:id:Imamura:20190519144344j:plain
〔フリー部門「トラックパッド Meishi Modulo」〕
自作のトラックパッドを組み込んだもの。自作キーボードをモジュール化するアーキテクチャの「Modulo」に対応していて、ここにModulo対応キーボードをつないだり、これ自身をModuloデバイスにしたりできるようだ。せきごん(@_gonnoc)氏作
f:id:Imamura:20190519143657j:plain

ほかにもたくさんあります。Twitterハッシュタグで「#meishi展」をどうぞ。日曜日に取材したあとも展示がどんどん追加されていたようなので、会期終了時にはすごいことになっているのではないでしょうか。

そのほかの写真もまとめて(クリックで拡大します)
f:id:Imamura:20190519122307j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519141823j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519141837j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519141911j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142139j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142507j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142159j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143209j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142212j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142242j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143138j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142302j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143058j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142334j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142353j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142404j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142418j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142449j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142548j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142623j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142632j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142738j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142752j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142813j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142825j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519142704j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143000j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143227j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143250j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143330j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143409j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143431j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143437j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143444j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143506j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143528j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143549j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143559j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143615j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143625j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143641j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143657j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143708j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143719j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143743j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143825j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143847j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143917j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143924j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143935j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519143944j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144000j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144118j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144148j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144203j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144233j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144331j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144344j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144358j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144419j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144542j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144549j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144615j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144625j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144702j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144737j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144905j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144817j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144841j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144945j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519144948j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145102j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145215j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145234j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145314j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145354j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145416j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145430j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145452j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145540j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145649j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145706j:plain:w160 f:id:Imamura:20190519145840j:plain:w160

「meishi展」は「ほぼ週刊キーボードニュース」でも紹介されていました。

ほぼ週刊キーボードニュース #16 meishi展がスタート! ほか (5/19) - YouTube

ところで会場の蛍光灯の具合なのか、写真を撮るのが妙に難しいです。

なにも考えずに撮るとこうなる
f:id:Imamura:20190519141957j:plain
f:id:Imamura:20190519141959j:plain

そこで、シャッター速度を落として撮影しました。60分の1秒なら手ぶれしにくく、上のような帯も入らないようです。スマートフォンでも「ProCam」などのマニュアルカメラアプリを使うとシャッター速度を指定できます。

「天キー」こと「天下一キーボードわいわい会 vol.2」の記事も書かないと。もう少しお時間ください。

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(クレーター探索運用(事後)の結果とPPTD-TM1運用)

小惑星探査機「はやぶさ2」は、引き続き小惑星 Ryugu(リュウグウ)の観測活動を実施しています。

今回の説明会では4月23日から25日にかけて実施したクレーター探索運用についてと、クレーター探索運用を踏まえた今後の探査活動の見通しについて説明を行う予定です。

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(19/5/9)ライブ中継(配信) | ファン!ファン!JAXA!

日時

  • 2019年5月9日(木)15:00~16:00

登壇者

f:id:Imamura:20190509161003j:plain

(image credit:JAXA

JAXA宇宙科学研究所はやぶさ2」プロジェクトチーム

  • プロジェクトマネージャ 津田雄一(つだ・ゆういち)(JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授)
  • ミッションマネージャ 吉川真(よしかわ・まこと)(JAXA宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)
  • プロジェクトサイエンティスト 渡邊誠一郎(わたなべ・せいいちろう)(名古屋大学大学院環境学研究科 教授)

(左から久保田氏、津田氏、渡邊氏、吉川氏)

中継録画

配付資料

f:id:Imamura:20190509154357p:plain

関連リンク

本日の内容

f:id:Imamura:20190509154358p:plain

目次

続きを読む

Windows 10にしたMiix 2 8のBluetoothがよく切れる

レノボタブレットPCMiix 2 8は買ったときWindows 8.1だったのをWindows 10にしてある。最近、Bluetoothキーボードとの接続がよく切れてしまうので困っていた。キーボードの電源を入れたときは普通に使えるのだけど、ちょっと気を抜くとあれ? キーが反応しない。キーボード側が省電力のためにスリープすると、次にキーを押したときパソコンとの接続が切れてしまう感じ。

Bluetoothの設定を開くと思い出したようにつながるがこれでは不便だ。ということをツイートしたら@hyphen900さんがリプライをくれた。

さっそくやってみたらなるほどいい感じ。ありがとうございます。これによって自動でスリープに入らなくなるので、席を外すときはスリープを忘れないようにしたい。といってもタブレットPCだから、スマートフォンのように電源ボタンを押してあげるだけでよい。

しかし「高速スタートアップを有効にする」はなにかと問題が多いような気がしますね。

画像つきの手順説明

  1. [Win]+[I]で「設定」を開き[システム]を選択
    f:id:Imamura:20190505182815p:plain
  2. [電源とスリープ]を選択
    f:id:Imamura:20190505182816p:plain
  3. 「電源とスリープ」の「次の時間が経過後〜」をすべて[なし]にする
    f:id:Imamura:20190505182817p:plain
  4. 「電源とスリープ」の下の方にある[電源の追加設定]を選択
    f:id:Imamura:20190505182818p:plain
  5. 「電源オプション」コントロールパネルが表示される。[電源ボタンの操作を選択する]を選択
    f:id:Imamura:20190505182819p:plain
  6. 「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」が表示される。[高速スタートアップを有効にする]のチェックボックスをオフにする
    f:id:Imamura:20190505182820p:plain
  7. 再起動する

[高速スタートアップを有効にする]がグレーアウトしていて選択できないときは、「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択する。

f:id:Imamura:20190505182821p:plain

関連記事

観測ロケット「宇宙品質にシフト MOMO3号機」打ち上げ後の記者会見

公式動画と打ち上げ結果の報告

みんなのロケットが宇宙へ!! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

▼【国内初】民間企業単独で宇宙空間へ 今回の実験結果について報告いたします。

  • 打上時刻:5時45分0秒
  • 飛行時間:515 秒(8分35秒)
  • 最大高度:113.4 km(暫定値のため今後の解析により変動する可能性がございます)
  • 最大高度の時刻:打上げから240秒(4分0秒)
  • 落下位置:射点より東南東37kmの海上

5:45に点火し離床した『宇宙品質にシフトMOMO3号機』は、今回最大の実験目的であった、〝高度100kmへの到達〟を達成することができました。

MOMO初号機、MOMO2号機の打ち上げ実験を経て、改良を加えてきた部分は概ねほぼ予定通りに動作し、今後の改良に必要なデータを取得しております。

報道でも伝えられております通り、今回の打ち上げ実験の結果については、民間企業単独で開発するロケットで宇宙空間に到達した例は、日本国内では初めての例となります。また、液体燃料のみ、また炭化水素系の燃料で宇宙空間に到達した例も、おそらく国内初と思われます。

みんなのロケットが宇宙へ!! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

登壇者

(image credit:NVS

f:id:Imamura:20190505013802j:plain

(左からひふみろくん、三戸氏、藤野氏、丹下氏、植松氏、堀江氏、稲川氏、山本氏、吉田氏、酒森氏)

中継録画

  • 【放送予定】2019/5/4 4:00~ 「宇宙品質にシフト MOMO3号機」打上げ実験 Live streaming schedule about IST Sounding Rocket MOMO F3 Launch | NVS-ネコビデオ ビジュアル ソリューションズ-(http://blog.nvs-live.com/?eid=575

(2分46秒くらいに開始)

稲川貴大社長から

続きを読む

自転車のパンクを初めて自分で直す

自転車のパンクを初めて自分で直した。これは自分でできるようになりたいと以前から思っていて、パンクの修理キットを買ってあった。このたびめでたくパンクして、では自分でやってみましょうということになった。

パンク修理の手順は検索すればたくさん出てくるしキットにも説明書が入っている。タイヤレバーを使ってタイヤをリムから外すのにちょっと手間取ったが、そこをクリアしたらあとはわりとスムーズにできた。

パンクは2か所あった。それぞれパッチを貼って修理完了。これでたぶん大丈夫と思う。明日もう一度、空気が抜けていないか確認しよう。

お店でもやってもらえるが、多くの人が自分でやっていることはたくさんある。自転車のパンク修理もその一つで、初めて自分でできたのは達成感があった。人生でやったことがあるリストが一つ増えた。

小惑星探査機「はやぶさ2」クレーター探索運用の状況報告について

日時

  • 2019年4月25日(木)17:00~17:30

登壇者

はやぶさ2」プロジェクトチーム

中継録画

プレスリリース

関連リンク

報告

続きを読む