編集者の日々の泡:電子書籍を公取は「非再販商品」に指定。 ――再販制度がなくなると書籍はどうなっていくか

書店の棚が「定番売れ筋作家以外は、売れそうな新刊のみ」ということになる、という話。「『弱者たる書店が、嫌々定価販売を引き受けてきた』という認識は、明らかに間違っている」という話もあって、これは次回以降とのこと。