asahi.com(朝日新聞社):電子書籍と紙の本、両方売るサイト 紀伊国屋が開設へ - ネット・ウイルス - デジタル

紀伊国屋書店BookWebPlus(ブックウェブプラス)」「当面はアップル社のiPadiPhone向け」「オープン時点では、光文社の約600タイトル、講談社の約330タイトルの電子書籍を販売。角川書店など大手を含む10社ほどが参加してスタート」。

ラインアップは「電子書籍では、光文社の古典新訳文庫のドストエフスキー著『カラマーゾフの兄弟』全5巻や、今年の本屋大賞を受賞した角川書店冲方丁(うぶかた・とう)著『天地明察』などが目玉で、この2点は初電子化になる。講談社は『吉川英治歴史時代文庫』全85巻などを販売。年内に五木寛之著『親鸞』『青春の門』も投入する」「電子書籍の価格は、多くが紙の本より2割から5割安くなる」。

そして見過ごせない一文が。「米アマゾン社の電子書籍専用端末キンドル』の日本版が来年には発売される見込みで、その前に市場の主導権を握るのが狙い」(強調は引用者による)。そうなのかー!?