「電子化のビジネスモデルはないが、基盤となる紙の流通はもう駄目になる」? 「水平分業の出版システムを維持するには公共基盤が必要」?(第27回Hitachi アカデミックシステム研究会「電子書籍の現在 そして未来」) - かたつむりは電子図書館の夢をみるか

タイトルが長いですが「第27回Hitachi アカデミックシステム研究会『電子書籍の現在 そして未来』」の中身も長いイベントレポート。

  1. 電子的な出版流通と高等教育(土屋俊先生、千葉大学教授)
  2. 電子書籍とデジタル読書(植村八潮さん、東京電機大学出版局長)
  3. iPadにみる電子書籍グローバル先進事例(林信行さん、ジャーナリスト/@nobi)