産業観光という概念

【元記事:産業観光という概念:d:id:manpukuya:20050902:ind

赤瀬川原平が、「産業観光」というものの取材で、八戸の「汚水の発酵を電力に利用する施設」や六ヶ所村原発を見学したという話。

産業観光というのはいわば社会科的な観光で、たとえば造船とか、鉄工とか、発電所とか、そういう所を観光しようというものらしくて、それは実に同感である。(中略)いわゆる正面きった芸術とかアートといわれるものがつまらなくなり、それよりも現実現場の鑑賞の方がはるかに創造的なので、戦艦大和ミュージアムとか、網走監獄の博物館とか見に行っている。

先見日記 Insight Diaries

そう、現場は現場なので現場感に満ちていてとてもすばらしい。あちこち見学に行くたびに、なにごとも百聞は一見にしかずだなーと改めて感じているのだった。

「社会科見学に行こう!」(http://kengaku.org/)というのも立ち上がっており、もともとはmixiの同名コミュニティだったのが外に出てきている。

ところで、上で紹介した「先見日記」は曜日ごとに執筆者が決まっているコラムである。今の担当はいとうせいこう飛幡祐規赤瀬川原平伊藤ガビン佐山一郎しりあがり寿。どれもとても面白いです。